ここから本文です

今年初の病害虫注意報 カメムシ多発に注意/富山

チューリップテレビ 6月21日(火)20時16分配信

 コメの品質低下につながる斑点米(はんてんまい)を引き起こすカメムシが例年よりも多く発生していることから県は21日、今年はじめてとなる病害虫発生注意報をだしました。
 斑点米カメムシ類は、稲穂の汁を吸うことにより、玄米に斑点をつくり、コメの品質低下をひき起こします。
 今年は春先からの気温が高いためカメムシの成長が早く、県が先週調査した結果、平年の倍以上のカメムシが見られました。
 この後1か月の気温も平年より高いと予想され、カメムシの活動が活発になると推測されることから県は21日、今年初めての病害虫発生注意報を出しました。
 対策としては、例年、カメムシの被害が多い早稲品種、てんたかくの穂が出る直前の来月上旬にカメムシの生息場所となるあぜや雑草地の草刈りを徹底するよう呼びかけています。

チューリップテレビ

最終更新:6月21日(火)20時16分

チューリップテレビ