ここから本文です

銅電線出荷、6カ月連続減 5月4.8万トン

日刊産業新聞 6/21(火) 12:22配信

 日本電線工業会は20日、国内電線メーカー約120社の5月の銅電線出荷量が、速報値で前年同月比6・5%減の4万8600トン(銅量)と、6カ月連続のマイナスになったと発表した。総量の40%以上を占める建設・電販部門が前年割れを続け、それに次ぐ電気機械も落ち込み、全体の足を引っ張った。一方、光製品の4月出荷実績は、同1・8%減の376万9374キロメートルコア(光ファイバー長さ)で、4カ月ぶりに前年実績を下回った。

最終更新:6/21(火) 12:22

日刊産業新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革