ここから本文です

「ごめんなさい……僕には決定権がないんだ」移籍話渦中のスペイン代表ストライカーがユヴェントスファンへ謝罪!?

theWORLD(ザ・ワールド) 6/21(火) 16:30配信

来季の所属先はレアル次第

スペイン代表としてEURO2016に参加しているユヴェントスFWアルバロ・モラタは、古巣のレアル・マドリードが買い戻しオプションを行使するのかが公式発表されていないため、来季の所属先がいまだ不透明である。そんな彼が現在の心境を語った。

伊『calciomercato』によると、モラタは自身の移籍について「ユヴェントスファンに向けて多くのことは語れないんだ。ごめんなさい。僕はトリノにもたくさんの友達がいる。彼らと離れ離れになるのは悲しいに決まっているよ。ユヴェントスのアットホームな感じは好きだし、チームには満足している。ただ、僕の今後については自分自身に決定権がないんだ」と述べ、自分にはどうすることもできないことを明かした。

モラタは来季、どのクラブでプレイすることとなるのだろうか。どこでプレイするにしろ、まずは現在開催中のEUROで結果を残すことが、彼にとって一番大事なことかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/21(火) 16:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]