ここから本文です

パで3年連続30本塁打は10年間なし 「和製大砲」の名に相応しい選手は?

Full-Count 6月21日(火)19時20分配信

難易度の高い3年連続30本塁打、過去に達成した日本人選手は?

 一振りで試合が大きく動くホームランは、やはり「野球の華」である。球場観戦時にたとえひいきのチームが大敗を喫したとしても、「~~のホームランが見られたから良かったかな」と思いながら帰路に就いた経験があるのではないだろうか。それも、一度や二度ではないはずである。実際に私もそのような経験が何度もある。

【動画】3年連続30本塁打挑む西武・中村剛也の豪快な一発

 プロ野球選手であったとしても、ホームランは誰しもが打てるわけではなく、ホームランを打たずに現役を終えるという選手も当然、存在する。また、ホームランを期待される主砲や大砲などといったポジション、役割は外国人選手が担うことが多く、日本人選手はどうしても外国人選手にパワーで劣るため、「和製大砲」を育てるのはそう容易ではない。

【パ・リーグで3年連続30本塁打以上を記録した日本人選手】

・中村紀洋内野手(当時近鉄) 5年連続
98年=32本、99年=31本、00年=39本、01年=46本、02年=42本

・小久保裕紀内野手(当時ダイエー) 3年連続
00年=31本、01年=44本、02年=32本

・小笠原道大内野手(当時日本ハム) 4年連続
00年=31本、01年=32本、02年=32本、03年=31本
※05~10年にてチームをまたいで(05・06年 北海道日本ハム、07~10年 巨人)6年連続

・和田一浩外野手(当時西武) 3年連続
02年=33本、03年=30本、04年=30本

・松中信彦外野手(当時ダイエー、05年からソフトバンク) 3年連続
03年=30本、04年=44本、05年=46本

過去20年間では外国人選手も達成者は2人だけ

 パ・リーグ在籍の日本人選手で3年連続30本塁打以上を放った選手に限ると、最後に達成したのは2005年の松中。実に今から11年も前の話になる。2000年前後に5選手が3年連続30本塁打を放ったが、過去20年間でもわずかにこの5人だけ。主な理由としては、パ・リーグの球場は札幌ドームなど全体的に広い球場が多く、ボールなど諸々の条件も年々変わってきていることが影響していると考えられる。

 また、20年間での外国人選手に目を向けてみても、当時日本記録タイのシーズン55本塁打を放ったローズ(当時近鉄)とカブレラ(当時西武)だけという非常に難易度の高い記録であると言って良い。

 今年のパ・リーグ日本人選手で30本以上のホームランが期待できそうな選手は、ソフトバンク・松田宣浩内野手(今季15本)、オリックス・T-岡田外野手(今季14本)、日本ハム・中田翔内野手(今季13本)、ソフトバンク・内川聖一外野手(今季12本)、西武・中村剛也内野手(今季11本)、ソフトバンク・柳田悠岐外野手(今季10本)あたりだろうか。

1/2ページ

最終更新:6月21日(火)20時16分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報