ここから本文です

イングランド、スロバキアにスコアレスドローで英紙酷評「運命ではなく自滅」 高評価の採点だったのは……

theWORLD(ザ・ワールド) 6月21日(火)18時10分配信

ダイアーとクラインが高評価

イングランドは現地時間20日、EURO2016グループB第3節でスロバキアに0-0で引き分けた。その結果、グループリーグ2位でのラウンド16進出を決めている。

ロイ・ホジソン監督は、主力メンバーを休ませるため前節のウェールズ戦から6人のメンバーを入れ替えながらも勝点3を狙っていた。ウェールズ戦でゴールを決め結果を残していたFWジェイミー・バーディとFWダニエル・スタリッジの活躍に期待がかかったがまさかのノーゴール。休ませるはずだったFWウェイン・ルーニーやFWハリー・ケインを投入するもスコアは動かなかった。

英紙『Daily Mail』は、2位通過となったことでニースまでの移動を強いられ、対戦相手もクリスティアーノ・ロナウドを擁するポルトガルになる可能性があると指摘。フラストレーションの溜まった試合については「これは運命ではない。これは自滅だった」と総評している。

同メディアによる試合後の採点(10が最高評価)では、休まずチームの柱として機能していたMFエリック・ダイアーに「8」、DFカイル・ウォーカーの代役として出場し、右サイドのクロスから決定機を演出したDFナサニエル・クラインに「7.5」の評価がついた。バーディには「6.5」、スタリッジには「6」の採点がついている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月21日(火)18時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]