ここから本文です

【MLB】米メディア特集 イチローの4257安打、走塁時間は名作映画3部作より長い!?

Full-Count 6/21(火) 21:07配信

“ローズ超え”の4257安打でニューヨーク―フィラデルフィア間を走破?!

 15日パドレス戦でマーリンズのイチロー外野手が、ピート・ローズの持つMLB歴代最多安打数4256本を超える、日米通算安打4257本に達したニュースは、日米を通じて大きな話題になった。「4257」安打という数字はもちろん凄いが、単位や視点を変えて見ても「4257」は偉大なる数だ。MLB公式サイトの動画や画像を紹介するコーナー「Cut4」では、「4257」という数字がいかに凄いか、斬新な角度から視点を当てて紹介している。

イチロー、安打ではメジャーで何番目? MLB歴代通算安打数ランキング

 例えば、4257安打を塁打に換算すると驚きの5733塁打となる。塁間が90フィート(27.431メートル)であることを考えると、イチローは51万5970フィートを走った計算だと指摘。これは97マイル(約157キロ)を少し超える距離で、ニューヨークからフィラデルフィアまでの距離に相当するという。

 また、1安打を1フィート(30.48センチメートル)に換算してタテに重ねた場合、地上4257フィート(1297メートル)の高さとなるが、これはドバイにある世界一高い超高層ビルのブルジュ・ハリファ(2717フィート=約828メートル)の上に、エンパイア・ステイト・ビル(1454フィート=約443メートル)と30階建てビルを積み上げた高さと同じになるそうだ。

4257安打のトータル走塁時間は「スター・ウォーズ」初期3部作よりも長い!

 さらに、イチローがシングルを打った時、本塁から一塁に到達するまでの平均時間が4秒、二塁打を打った時の平均走塁時間は9.5秒、同じく三塁打は12秒、ホームランは22秒だと紹介。イチローがヒットを打った瞬間から塁に到達するまで全安打分を見たとすると、約7時間を要することになるという。これは名作映画「スター・ウォーズ」初期3部作をすべて鑑賞した後、45分も熱い激論を交わす時間が残されていることになるそうだ。

 他にも、広大なアメリカ国土を見回した時、人口が4257人より少ない市町村は、なんと14423も存在するとか(2015年国勢調査によると)。これから、さらに上積みされる日米通算安打数だが、最終的にはどんな数字になるのか、想像するだけでも楽しみだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/21(火) 21:23

Full-Count