ここから本文です

ロナウドにフリーキックを教わる必要なし 自身のルーティンを明かすベイル「C・ロナウドから助言を受けたか? それはない」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/21(火) 19:40配信

ロナウドと別々に練習していること明かす

グループステージ第3戦のロシア戦では炸裂しなかったものの、スロバキア戦とイングランド戦で直接フリーキックを1発ずつ叩き込んだウェールズ代表FWガレス・ベイルの左足に注目が集まっている。ベイルのフリーキックは年々精度が増しているようにも感じられ、今回のEURO2016でも最も危険なキッカーの1人になっている。

そこで気になるのが、普段どうやってフリーキックを練習しているのかだ。所属するレアル・マドリードにはチームでフリーキックを担当しているクリスティアーノ・ロナウドもおり、どこかベイルのスピードボールを好む点や助走の取り方はロナウドを思わせる部分がある。

スペイン『as』によると、ベイルはロナウドから何かフリーキックについてヒントを得ているのではないかと質問を受けたという。しかしベイルはロナウドとは練習していないと語り、自身のルーティンを明かした。

「フリーキックは常に練習しているよ。今でも練習が終わってから10分~15分は蹴っている。これはレアル・マドリードでもトッテナムでもやっていたことで、普通なんだ。何も変わらないよ。このルーティンを続けていくだけさ」

「ロナウドから助言を受けたか?いや、それはない。僕は自分のスタイルでやっているし、それが好きなんだ。別のところで練習しているよ」

今の完成度を見ればロナウドがベイルから何か助言を受けた方が良いとさえ考えさせられるが、新シーズンのレアルは誰にフリーキックを任せるつもりだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/21(火) 19:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]