ここから本文です

禁断移籍の裏側明かしたフンメルス「イングランドからもオファーはあったけど……」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月21日(火)23時0分配信

CLのタイトルが欲しい?

先日、バイエルンへの移籍を発表したドイツ代表DFマッツ・フンメルスがこの決断に至った背景を明かしている。

元々はバイエルンユース出身ながらもドルトムントで才能が開花し、ワールドクラスの選手へと成長したフンメルス。それだけに多くのドルトムントファンからも愛されており、打倒バイエルンを代表するような選手でもあった。それだけに古巣への“禁断”ともいえる移籍には反対の声が多く挙がったが、本人は様々な条件を考慮し、このような決断をするに至ったようだ。独『SZ』がコメントを伝えている。

「一つのイングランドのクラブも僕を欲しがっていたけど、僕はCLを狙える魅力的なクラブに行きたかった。それはアーセナルからではない。これらを考慮したうえで、ドイツでのキャリアを続けることを決心した」

プレミアリーグ移籍の噂があり、それが事実であることを認めながらバイエルン移籍を決断したフンメルス。赤いユニフォームを身にまとうフンメルスに見慣れるのには時間がかかるかもしれないが、ボアテングとの最高のCBコンビをクラブレベルで見ることができることにサッカーファンは喜ぶべきだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月21日(火)23時0分

theWORLD(ザ・ワールド)