ここから本文です

EGOIST、ライブゲストにサプライズで畠中祐、千本木彩花らカバネリ声優登場

E-TALENTBANK 6月21日(火)12時21分配信

ryo (supercell)がプロデュースを手掛ける架空のアーティスト、EGOIST。フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送されている[甲鉄城のカバネリ]のオープニング・テーマ『KABANERI OF THE IRON FORTRESS』がロングセールスを記録している中、6/18(土)Zepp Tokyoにてワンマンライブを行った。

5月に実施された“side-A”ライブに対し、“EGOIST Greeting Tour 2016 : side-B”と題された本ライブ。会場のZepp Tokyoは、超満員で埋め尽くされた。

“side-A”では、[甲鉄城のカバネリ]のエンディング・テーマを歌唱するAimerがサプライズ登場したが、今回は[甲鉄城のカバネリ]より声優、生駒役の畠中祐、無名役の千本木彩花が、サプライズ登場した。

EGOISTのヴォーカルchellyの「スペシャルゲスト畠中さん、千本木さんです!」という呼び込みで、畠中、千本木がステージに登場すると、突然のサプライズに大歓声が巻き起こった。

その後、アニメの名シーンを振り返るとともに、chellyが選ぶ名シーンを紹介。「お願いがありまして、名シーンを生アフレコしていただけませんか?」というchellyのリクエストに応え、声優2人による生アフレコ披露の場面も。

その後も、終始、サイリウムの海に包まれたライブ会場だったが、本編終了後も鳴りやまないアンコールに応え、アンコールでは4曲を歌唱。超満員2700人のライブを締めくくった。

なお、EGOISTは6/26(日)、Zeppなんば大阪でファイナル公演を行う。

株式会社イータレントバンク

最終更新:6月21日(火)12時21分

E-TALENTBANK