ここから本文です

BTCC:好調を維持するスバル・レヴォーグがクロフトでワン・ツーを達成

オートスポーツweb 6月21日(火)17時30分配信

 イギリス・クロフトで開催されたイギリス・ツーリングカー選手権第13/14/15戦で、スバル・レヴォーグがワン・ツーフィニッシュで今季2勝目を獲得した。

【コースアウトするダン・ロイドのシビック】

 チームBMRが今季からシリーズに投入したスバル・レヴォーグだが、エースドライバーでWTCC参戦経験もあるコリン・ターキントンが初勝利を挙げた前戦の好調を維持し、クロフトでも予選でポールポジションを獲得した。

 レース1は3度のセーフティカーランを挟む荒れた展開となったが、その最初のきっかけは、フロントロウに並んだユーロテックのシビック・タイプRを駆るダン・ロイド。中速右コーナーである1コーナーのクレルボーでレヴォーグに仕掛けるも、アウトサイドにはじき出される形でグラベルへコースアウトしてしまった。

 このアクシデントで、2番手にはターキントンのチームメイトであるベテラン、ジェイソン・プラトが浮上。トラブルフリーで走行を重ねたプラトは先頭を走るチームメイトを常に視界に入れつつ、ワン・ツー体制を堅持。同時に後続との距離をコントロールすることで、3番手以下の争いを誘発させた。

 その3番手には、初の表彰台となるMG6のアシュリー・サットンが入賞。BMW135iのジャック・ゴフからの再三のアタックを凌ぎきってのポディウムとなった。

 続くレース2でもレヴォーグは好調を維持し、プラトが2位、ターキントンが3位の連続表彰台フィニッシュ。レース3ではトップ10に沈んだものの、MG6のサットンが初優勝。3位にトヨタ・アヴェンシスのトム・イングラムが入っている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月21日(火)17時33分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。