ここから本文です

ホンダF1マシン30台が集結! もてぎコレクションホールで特別展示開催

オートスポーツweb 6月21日(火)20時6分配信

 栃木県茂木町にあるツインリンクもてぎは、敷地内の『ホンダ・コレクションホール』で8月20日から10月10日まで、昨年8月に開催した『オール ホンダF1マシン特別展示』をさらに進化させた『オール ホンダF1マシン特別展示 ~歴代のF1マシン30台がここに集結~』を開催する。

【佐藤琢磨が駆ったスーパーアグリSA07・ホンダ】

 このイベントでは、ふだんフォーミュラカーやツーリングカーを展示している『四輪レース車』のフロアに、なんと30台もの歴代ホンダF1マシンが展示される。長年に渡ってF1に挑んできたホンダF1の歴史を大いに楽しむことができるはずだ。

 展示されるマシンも、F1ファンなら垂涎のものばかりだ。最新のものは、2015年に復活したマクラーレン・ホンダMP4-30。これはショーカーではなく、実際のレースで使用されたものであるという。

 また、古いものでは1968年にジョン・サーティースが駆ったホンダRA300やRA301、第二期活動で派遣を握ったウイリアムズFW11Bやロータス99T、16戦15勝の偉業を達成したマクラーレン・ホンダMP4/4、第三期ではハンガリーで勝利を飾ったRA106、佐藤琢磨とともにニッポンのF1を盛り上げたスーパーアグリSA07等、挙げればキリがないほどだ。第二期~第三期の“幻のマシン”の展示もあるので、こちらも見逃せない。

 これほどのF1展示は世界でもそうそう例はないはずだ。ぜひ一度は目にしておこう。なお、マクラーレン・ホンダMP4-30のみ展示期間が限定されているのでご注意を。詳細情報はホームページ(http://www.twinring.jp/collection-hall/event/1608_all_honda/)まで。

オール ホンダF1マシン特別展示 ~歴代のF1マシン30台がここに集結~
【展示期間】 2016年8月20日(土)~10月10日(月・祝)
【展示場所】 Honda Collection Hall 3階北棟 4輪レース車フロア
【料金】無料 (別途入場駐車料金が必要)

■展示車両一覧(モビリティランドの発表より)
【クーパーT53 クライマックス】 1961年
(ドライバー: - )
ミッドシップエンジンを採用した近代F1の原点ともいえるマシン。Hondaが参考のために購入したが、決してマネをすることはなかった。後にHondaが造り上げたF1マシンは、V12エンジンを横置きに搭載した独創的なマシンだった。

~第一期~
【Honda RA271 】 1964年
(ドライバー: ロニー・バックナム)
Hondaが初めてF1に参戦したマシン。高回転型V型12気筒エンジンを横置きするという独特なレイアウトを採用している。日本自動車メーカーとしても初めての挑戦であり、日の丸カラーのマシンはドイツGPをはじめ3戦に出走した。

【Honda RA272 】 1965年
(ドライバー: リッチー・ギンサー)
HondaがF1初優勝を果たしたマシン。F1参戦2年目となったHondaは、2台エントリーと体制を変更。シーズン途中にエンジンのマウント位置を下げるなどの改良を加え、最終戦メキシコGPでギンサーがトップチェッカーを受ける。

【Honda RA272 】 1965年
(ドライバー: ロニー・バックナム)
HondaがF1初優勝を果たしたメキシコGPで5位入賞したマシン。前年モデルRA271の最大の課題とされた軽量化に主眼が置かれ、モノコックの構造材を見直すなどして車重は30kg近く軽い498kgとなった。

【Honda RA273 】 1966年
(ドライバー: リッチー・ギンサー)
この年から規定により排気量が1,500ccから3,000ccとなり、Hondaのエンジンも横置きから縦置きへと変更された。66年のシーズン後半3レースに出場し最高位4位。翌年、第1戦南アフリカGPにて3位表彰台を獲得した。

【Honda RA300 】 1967年
(ドライバー: ジョン・サーティーズ)
ローラのシャシーにHondaの排気量3,000ccエンジンを搭載。製作期間はわずか6週間で、デビュー戦となった第9戦イタリアGPで優勝。2位ブラバムとはコンマ2秒という僅差だった。これでHondaはF1で2勝目を手にした。

【Honda RA301】 1968年
(ドライバー:ジョン・サーティーズ)
メキシコGP仕様車。エンジンは燃焼室形状の見直しなどから出力が 450PSにアップ。シャシーもモノコックにマグネシウムを用いることで、車重は前モデルRA300から60kg減の530kgに仕上げられている。

【Honda RA302 】 1968年
(ドライバー: ジョー・シュレッサー)
RA301と並行して開発された空冷エンジン搭載マシン。冷却ファンを持たない自然空冷式で、RA301と比べ30kgの軽量化に成功。エンジンパワーも430PSと遜色なかったが、フランスGPでの事故を機に参戦は中止された。

~第二期~
【Spirit Honda 201C 】 1983年
(ドライバー: ステファン・ヨハンソン)
Honda第2期F1復帰マシン。Hondaはターボエンジンの採用を選択し、ヨハンソンにステアリングを託した。ターボの熱によるトラブルなどで最高位は7位にとどまったが、翌シーズンに向け豊富なデータを収集することに成功した。

【Williams Honda FW09 】 1984年
(ドライバー: ケケ・ロズベルグ)
Honda第2期初優勝を飾ったマシン。Hondaのターボエンジンはまだ性能や信頼性が低かったが、サバイバルレースとなった第9戦アメリカGPで、ケケ・ロズベルグの巧みなドライビングが勝利をもたらした。

【Williams Honda FW10B 】 1985年
(ドライバー: ケケ・ロズベルグ)
FW10のハンドリングや空力の特性を向上させた改良型。このニューシャシーを投入した第14戦ヨーロッパGPでナイジェル・マンセルがF1初優勝。第15戦もマンセル、最終戦はロズベルグが優勝し、シリーズ終盤3連勝を飾った。

【Williams Honda FW11 】 1986年
(ドライバー: ナイジェル・マンセル)
年間9勝を挙げ、Honda初のコンストラクターズチャンピオンに輝いたマシン。ドライバーズチャンピオン争いも最終戦までもつ れたが、マンセルのタイヤがバーストしたことで、Wチャンピオンは翌年に持ち越された。

【Lotus Honda 99T】 1987年
(ドライバー:中嶋悟)
日本人初のF1フル参戦を果たした中嶋悟のデビューマシン。2戦目にし て初ポイント獲得。第7戦のイギリスGPでは4位に入り、Hondaエンジンを搭載したウイリアムズとロータスによる1-2-3-4位を達成した。

【Williams Honda FW11B】 1987年
(ドライバー:ネルソン・ピケ)
コンストラクターズチャンピオンに加え、ドライバーズチャンピオンにも輝 いたHonda初のWタイトル獲得マシン。ピケとマンセルのコンビで16戦9勝。マンセルは出場した全14戦すべてでフロントローを獲得するという驚異 の予選成績を残した。

【McLaren-Honda MP4/4】 1988年
(ドライバー:アイルトン・セナ)
全16戦中15勝を成し遂げたターボエンジン最終シーズンの最強マシン。 開幕から11連勝、ポールポジション15回、ポールトゥフィニッシュ14回、1-2フィニッシュ10回と圧倒的な強さでWタイトルを獲得した。

【Lotus Honda 100T 】 1988年
(ドライバー: 中嶋悟)
Hondaとのジョイント2年目となるロータスのマシン。前年チャンピオンに輝いたピケがロータスに移籍。カーNo.1、2を背負って戦った。最終戦でピケが3位に入り、マクラーレンに続いてHondaエンジンが1-2-3位と表彰台を独占した。

【McLaren-Honda MP4/5 】 1989年
(ドライバー: アイルトン・セナ)
ターボが禁止となりすべてのチームが自然吸気エンジンで戦うことになったこの年、Hondaは高回転化と軽量化の両立を目指しV型10気筒を採用したエンジンでタイトル獲得。第11戦ベルギーGPで通算50勝を達成した。(展示専用モデルとなります)

【McLaren-Honda MP4/6】 1991年
(ドライバー: ゲルハルト・ベルガー)
最終コーナーでセナに譲られ日本GP優勝を飾ったマシン。前年までのV10エンジンから新開発のV12エンジンに変更し、Hondaは5年連続のコンストラクターズ/ドライバーズのダブルチャンピオンに輝いた。

【McLaren-Honda MP4/7 】 1992年
(ドライバー: アイルトン・セナ)
Honda第2期F1最後となったマシン。マクラーレン初のハイノーズを採用している。この年はタイトルを逃したが、最終戦オーストラリアGPでゲルハルト・ベルガーがトップでチェッカーを受け有終の美を飾った。

~参戦休止中~
【Honda RC-F1-1.5X 】 1992年
(ドライバー: - )
量産車を開発していた本田技術研究所四輪R&Dセンターの有志が、自己啓発活動で製作したF1リサーチモデル。空力特性の 改善を目指して、アンヘドラルウイングを採用。エンジンは実際にF1で使用されたV型12気筒を搭載した。

【Honda RC-F1-2.0X 】 1996年
(ドライバー: - )
1995年にF1で導入されたステップドボトムに対応したF1リサーチモデル。ホンダRC-F1-1.5Xを製作した本田技術研究所四輪 R&Dセンターの有志が、新しいレギュレーションに適合したF1マシン造りに挑戦した。

【Honda RA099 】 1999年
(ドライバー: - )
エンジン、シャシーともにHonda製でのF1参戦を目指し造られたテスト用マシン。ヨス・フェルスタッペンがテストを担当した。その後プロジェクトは一転、B・A・Rにエンジンを供給することとなり、RA099の開発もストップした。

~第三期~
【B・A・R Honda 002 】 2000年
(ドライバー: リカルド・ゾンタ)
8年ぶりにF1へ復帰した第3期最初のマシン。チーム創設2年目のB・A・RにHondaエンジンを搭載し、開幕戦で4位入賞。B・A・R は前年ノーポイントに終わったが、この年は合計20ポイントを獲得しランキング5位を獲得。

【Jordan Honda EJ12】 2002年
(ドライバー:佐藤琢磨)
佐藤琢磨のデビューマシン。シーズン前半は苦戦したものの、第13戦ハ ンガリーGPの予選でフィジケラが速さをみせ、シーズンベストの5位。またイギリス・シルバーストンでのテストが実り、佐藤琢磨が母国・日本GPで6位入賞を果たした。

【B・A・R Honda 006 】 2004年
(ドライバー: 佐藤琢磨)
コンストラクターズ2位とB・A・R Hondaとして最高の戦績を残したマシン。バトンが2位表彰台に4回登壇。そして佐藤琢磨はアメリ カGPで、日本人ドライバーとして鈴木亜久里以来14年ぶりの3位表彰台を獲得した。

【B・A・R Honda 007 】 2005年
(ドライバー: ジェンソン・バトン)
前年コンストラクターズ2位を獲得した006を正常進化。栃木の本田技術研究所で開発されたシームレスシフトギアボックスを搭 載するなど、エンジン以外にもHondaの技術が盛り込まれている。バトンが第10戦以降全戦入賞。

【Honda RA106】 2006年
(ドライバー:ジェンソン・バトン)
Honda第3期唯一、そしてF1デビュー7年目のジェンソン・バトンが待望の 初優勝を遂げたマシン。38年ぶりにシャシーもエンジンもHondaという ワークス体制の中、第13戦ハンガリーGPで92年最終戦以来の勝利を飾った。

【Honda RA107 】 2007年
(ドライバー: ジェンソン・バトン)
黒ベースに塗られたボディに地球が浮かび上がる“アースカラー"が最大の特徴。環境問題の重要性をカラーリングで訴えた。 マシンにはこのプロジェクトに賛同した多くの人たちの名が小さく記されている。

【スーパーアグリSA07 】 2007年
(ドライバー: 佐藤琢磨)
元F1ドライバー・鈴木亜久里が立ち上げたプライベートチーム創設2年目のマシン。ワークスマシンを相手に第4戦スペインGPで チーム初入賞。第6戦カナダGPでは前年チャンピオンのアロンソをパスして6位入賞と快走を見せた。

【Honda RA108 】 2008年
(ドライバー: ジェンソン・バトン)
Honda第3期最後のマシン。空力パーツに重点を置き、ノーズ先端に装着する“ダンボウイング"などが試された。この年、F1公式戦最多出走記録(256戦)を塗り替えたバリチェロがイギリスGPで得た3位表彰台が最高位。

~第四期~
【McLaren-Honda MP4-30】 2015年
2008年以来、7年ぶりのF1参戦となったHonda製パワーユニット搭載マシン。入賞6回、最高位は5位にとどまるものの、過去に4度のタイトルを獲得した マクラーレンとHondaの組み合わせに大きな期待が寄せられた。
※展示期間:8月22日(月)~8月31日(水)

・展示期間、展示車両は予告なく変更になる場合がある。
・四輪レース車のフロア以外での展示もある。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月21日(火)20時10分

オートスポーツweb