ここから本文です

歴代セリカ、ヤリスWRCのテストカーも展示。MEGA WEBヒストリーガレージ特別企画展開催

オートスポーツweb 6月21日(火)20時55分配信

 東京・お台場のMEGA WEBでは、6月24日(金)~9月4日(日)まで、ヒストリーガレージにて特別企画展『トヨタWRC参戦の系譜~2017年新たな挑戦へ~』を開催する。

【サファリ仕様のST165セリカGT-Four】

 この企画展は、2017年よりWRC世界ラリー選手権再挑戦を発表したトヨタのWRC挑戦を多くの方に知ってほしいという意図で企画したもので、歴代の国内外ラリーを車両やパネル、映像で紹介する。

 1957年、日本車として初めてトヨタが参戦した豪州一周ラリーの『トヨペットクラウン(レプリカ)』をはじめ、2年連続優勝となった1985年サファリラリー『セリカTA64』、日本初WRCメーカーチャンピオンとなったオーストラリアラリー『セリカST185』、そして再参戦を発表したWRC車両『ヤリス(テストカー)』まで、全9台の車両が展示される。

 詳細情報は下記のとおりだ。

トヨタWRC参戦の系譜~2017年新たな挑戦へ~
■期間:6月24日(金)~9月4日(日)
 11:00~21:00 [休館日 7月19日(月)]
■場所:MEGA WEB ヒストリーガレージ 2階
■入場:無料
■主催:メガウェブ
■共催:トヨタ博物館
■協力:株式会社テイン/TOYOTA GAZOO Racing/TRD(TOYOTA Racing Development)
モデルカー協力 We are Rally modelers Community(WRC)

展示車両情報
■1.トヨペットクラウンRSD※レプリカ【1957年】
「第5回・豪州一周ラリー」に日本車として初めて参戦した車両(レプリカ)。47位で完走を果たす。

■2.セリカツインカムターボTA64【1985年】
「グループB」で争われるWRC参戦用として、セリカをベースに開発したラリーカー。1985年サファリラリー優勝。

■3.トヨタMR2(222D)【1985年】
国際自動車スポーツ連盟が発表した「グループS」構想に沿って開発。MR2ベースの4WDだが、構想立ち消えにより参戦なし。

■4.セリカGT-Four(ST165)【1990年】
「グループA」規定によるWRC参戦用に開発したトヨタ初フルタイム・4WDラリーカー。1990年サファリラリー優勝。

■5.セリカGT-Four(ST185)【1993年】
1992年はドライバーズチャンピオン、1993・94年は合計13勝と2年連続マニュファクチャラーズチャンピオンを獲得。黄金期を築いた。

■6.セリカGT-Four(ST185)【1995年】
1995年サファリラリーで藤本吉郎が優勝を飾り、日本人初のサファリ優勝者に。セリカGT-Fourは4年連続、セリカは通算8度目の快挙。

■7.セリカGT-Four(ST205)※レプリカ【1995年】
ST185後継としてデビューした、1995年コルシカラリー優勝車(レプリカ)。前輪のスーパーストラットサスペンションが話題になった。

■8.カローラWR-Car プロトタイプ【1997年】
「WRカー」規定に基づいて開発された、欧州向けカローラをベースとした4WD。通算4勝、1999年マニュファクチャラーズチャンピオン。

■9.ヤリス テストカー【2015年】
2017年からのWRC復帰決定を受け、現在開発中のラリーカー。軽量なヤリス(日本名:ヴィッツ)ベースに、ハイパワーエンジン、4WD搭載。

※イベント内容は変更及び中止になる場合がある

MEGA WEBホームページ
http://www.megaweb.gr.jp/

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月21日(火)21時10分

オートスポーツweb