ここから本文です

『プロメテウス』続編、続投予定がなかったノオミ・ラパス再出演か

クランクイン! 6/21(火) 13:18配信

 既に撮影が始まっているリドリー・スコット監督の『エイリアン』シリーズ最新作『プロメテウス』続編の『エイリアン:コヴナント(原題)』。先の発表では出演なしと伝えられていたスウェーデン出身の女優ノオミ・ラパスが、前作で演じた主要キャラクター、エリザベス・ショウ役で続投するという。DeadlineやVarietyなどが伝えた。

【関連】『プロメテウス』フォトギャラリー


 スコット監督もエリザベスが登場しないと断言していたため出番はないと思われていたノオミだったが、現在オーストラリアの撮影現場に入っていることを情報筋がDeadlineに話したという。ノオミ演じるエリザベスは地球外知的生命体の存在を解明すべく、宇宙船プロメテウス号に乗り込んだ科学者で、唯一生き残った人間だった。

 ノオミの出演に関して、配給の米20世紀フォックスは「ノーコメント」だったという。『エイリアン:コヴナント(原題)』は、『エイリアン』前日譚三部作の第二章となり、『エイリアン』に直結するストーリーと伝えられており、プロメテウス号の悲劇のその後が描かれるとのことだ。

 キャストは他に、プロメテウス号のもう一人の生き残り、アンドロイドのデヴィッド役の俳優マイケル・ファスベンダー、映画『インヒアレント・ヴァイス』(15)の女優キャサリン・ウォーターストン、映画『スポットライト 世紀のスクープ』(16)の俳優ビリー・クラダップ、映画『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』(08)の俳優ダニー・マクブライドなど。

 2017年10月6日の全米公開に向けて、現在オーストラリアのニューサウスウェールズで撮影が進められているという。

最終更新:6/21(火) 13:18

クランクイン!