ここから本文です

舞台『弱虫ペダル』箱根学園篇、新作上演決定! 真波山岳役が新キャストに

クランクイン! 6月21日(火)14時0分配信

 舞台『弱虫ペダル』シリーズの「箱根学園篇」の新作上演が決定した。主役校・総北高校のライバル箱根学園をフィーチャーした本舞台では前作の出演者の続投に加え、真波山岳役に谷水力が新キャストとして参加することが明らかとなった。

【関連】『弱虫ペダル』フォトギャラリー


 本作は、累計発行部数1500万部を突破の渡辺航の大人気自転車ロードレース漫画『弱虫ペダル』を原作とした演劇作品。2012年より上演される同シリーズの舞台は、気鋭の演出家・西田シャトナーの類まれなる演出技法と 実力派俳優陣の熱演が話題となり、回を重ねるごとに人気を博してきた。今年3月に上演されたシリーズ第8弾「~総北新世代、始動~」では、新キャラクター、新キャストが多数参加し、まさに新世代の始動を思わせる作品となった。

 今回発表された出演者は、葦木場拓斗役に東啓介、泉田塔一郎役に河原田巧也、黒田雪成役に秋元龍太朗、銅橋正清役に兼崎健太郎が前作より続投。新キャストとして真波山岳役に谷水力が参加する。

 「舞台『弱虫ペダル』箱根学園篇」は、9月30日~10月2日まで東京・TOKYO DOME CITY HALLにて、10月7日~10月10日まで大阪・オリックス劇場にて上演。

最終更新:6月21日(火)14時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。