ここから本文です

セ界初「遊撃手の首位打者」へ!巨人・坂本勇人が好調な理由

ベースボールキング 6月21日(火)11時30分配信

積極性と確実性が増した今季の坂本

 昨季、セ・リーグワーストのチーム打率.243に終わった巨人。規定打席に達したのは坂本勇人と長野久義のふたりだけで、チーム最高打率だった坂本でも打率.269でリーグ16位だった。

 2年連続で3割打者がいなかったのは、2リーグ制後では球団史上初のこと。シーズン20本塁打にひとりも到達しなかったのは、1960年以来で55年ぶりと“歴史的貧打”に泣かされた。

 今季ここまでのチーム打率は中日と並ぶリーグ3位タイ。それでも.246と課題が解消されたとは言えない。リーグワーストのチーム打率.243の阪神に逆転される可能性すらある。

遊撃手で首位打者獲得はセ・リーグ初の快挙

 そのなかで光る活躍を見せているのが、リーグトップの打率.332を記録している坂本だ。

 14本塁打、43打点はともにチーム最多。坂本のシーズン2ケタ本塁打は2009年から8年連続8度目だが、巨人の遊撃手で8度目の2ケタ本塁打というと広岡達朗、二岡智宏の7度を抜いて最多になる。

 また、チーム50試合目での2ケタ本塁打到達は、自己最多の31本塁打を記録した2010年の40試合目に次ぐスピードだ。

 2リーグ制以降、首位打者に輝いた遊撃手といえば1956年の豊田泰光(西鉄)と2010年の西岡剛(ロッテ)のふたりだけ。今季、坂本が首位打者となればセ・リーグでは史上初の快挙となる。

 2012年に打率.311を記録したものの、最近3年は2割台と苦しんだ坂本。不振に喘いだ男が打率を伸ばしている要因は、「積極性」にある。

 昨季の坂本は、初球時の成績が54打数14安打で打率.259。規定打席に達した選手のなかでは下から4番目という低打率だった。それが今季は、初球時の成績が40打数20安打で打率5割。昨季より初球時に打ちにいく打数が増え、打率も上げている。

 積極的に、なおかつ確実にボールを捉えていれば、通算打率が上がるのもうなずける。

四球を選べて三振が少ない今季の坂本

 初球時を含めたファースト・ストライク時の打率も.433と高く、14本塁打中9本がファースト・ストライクを打ったもの。また、フルカウント時は打率こそ.222と低いが、9三振・24四球としっかりボールを見極めている。

 シーズン通算でも29三振・37四球となっており、キャリアのなかで初めて三振よりも四球が多くなっている。

 坂本以外の攻撃陣に目を向けると、昨季不振だった長野久義が打率.296を残し、村田修一も打率3割を記録している。ただし、この3人以外の成績があまりにも悪すぎる。坂本、長野、村田の打率は.309だが、それ以外の野手の打率は.222まで落ちてしまうのだ。

 リーグワーストの打率.197の小林誠司は、正捕手として経験を積んでいる段階。そのため、打撃まではなかなか頭が回らないのかもしれないが、首位を走る広島を追うためには野手陣の奮起が不可欠だ。交流戦から復帰し、18試合で打率.277、3本塁打を記録している阿部慎之助がどっしり構えるようになると、もう少し打線の巡りもよくなるだろう。

 遊撃手として、ある意味では“歴史的”な打撃を見せている坂本がどれだけ巨人打線をけん引できるか…。リーグ戦再開後も、坂本のバットにかかる期待は大きい。


文=京都純典(みやこ・すみのり)

BASEBALL KING

最終更新:6月21日(火)11時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]