ここから本文です

戻ってきた頼れるベテラン DeNA浮上のカギ握る“夏男”久保康友

ベースボールキング 6月21日(火)17時0分配信

今年も苦しんだ交流戦

 新生・ラミレスDeNAの交流戦が終わった。

 セ界最強の投手力を武器に挑んだ苦手の舞台は、交流戦大得意のロッテを相手に3連勝を収めるなど見せ場を作ったものの、終盤に入ると一気に失速。最後は6連敗で交流戦を終えた。

 最終的な成績は7勝11敗。借金を1まで減らして交流戦に突入したが、終わってみれば借金は5まで増えていた。またしても立ちはだかった“鬼門”――。それでも、見えた光明もある。

 中でも大きいのが、ベテラン・久保康友に復活の兆しが見られたことだ。

交流戦勝利数は歴代4位タイ!

 4月27日を最後に一軍のマウンドから遠ざかっていた男は、6月3日のロッテ戦で8回途中1失点と好投。古巣を相手に奮闘を見せ、約1カ月ぶりとなる一軍での勝利を飾る。すると、10日のオリックス戦でも8回途中まで投げて1失点。2連勝で苦しむチームを鼓舞した。

 もともと交流戦にはめっぽう強かった久保。今年の2勝を加え、交流戦での通算の勝ち星は22勝。これは歴代4位に相当する。また、セ・パ両リーグで交流戦10勝以上を挙げたことになり、これは史上初のことになる。(※下記参照)

【交流戦・通算勝利数】
1位 26勝 杉内俊哉(巨人)
2位 24勝 和田 毅(ソフトバンク)
3位 23勝 涌井秀章(ロッテ)
4位 22勝 内海哲也(巨人)
4位 22勝 久保康友(DeNA)

 しかし、そんな記録にも本人はまるで興味なし。至って普通に、淡々と、ひょうひょうとチームの為にボールを投げ続ける。

“夏男”の本領発揮に期待

 交流戦では石田健大が0勝2敗で防御率4.24、井納翔一も0勝2敗で5.25、ルーキーの今永昇太も1勝1敗で防御率6.23というように、好調な5月を支えた自慢の投手陣に陰りが見られた。それだけに、ベテランの復帰は心強いことこの上ない。

 大混戦のセ・リーグは、首位の広島が抜け出しかけて入るものの、どのチームも決め手に欠く印象は否めない状況。これからも団子状態が続いていくことが予想される中、経験豊富なベテラン右腕にかかる期待も大きくなる。

 しかも、夏といえば久保の季節。DeNAに加入した2014年は7月以降だけで7勝を荒稼ぎ。ここ2年の7月以降の成績は10勝5敗と無類の強さを誇っている。

 戻ってきたベテラン右腕は、リーグ戦再開後のDeNAを快進撃へと導けるか…。“夏男”久保康友が浮上のカギを握る。

BASEBALL KING

最終更新:6月21日(火)17時0分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]