ここから本文です

「静」の由伸、「動」の金本…折り返し地点を迎えた2人の新人監督

ベースボールキング 6/21(火) 18:00配信

高橋・金本両監督の“前半戦通知簿”

 大混戦から一転、交流戦を経て広島に一歩抜け出た感があるセ・リーグのペナント争い。各球団はいずれも70試合前後を戦い、シーズンも折り返し地点を迎えた。

 ここでは開幕前から大きな話題を集めた2人の新人監督、巨人の高橋由伸監督と阪神・金本知憲監督の“前半戦”を振り返りたい。


 作戦・戦略面では、「静」の巨人・高橋監督と「動」の阪神・金本監督という側面が見える。

 たとえば両チームの盗塁企図数で比較すると、原辰徳監督が率いた昨季の巨人はリーグ最多の131回。ほぼ1試合に1回は盗塁を仕掛けていた計算になるが、今季ここまでは2試合に1回以下となる31回のみ。その代わり犠打数はリーグ最多の53回と多く、高橋監督は“堅実なタイプ”だということがわかる。

 一方の金本監督は、昨季リーグ最多だった犠打が今季はリーグ最少の30回まで減少。かと言って盗塁の割合が劇的に増えたわけではないが、昨季までの和田監督時代に比べると積極的な作戦を取ることが多いといえる。

金本監督の“超変革オーダー”

 また、金本監督に「動」の印象が強いのは、特にスタメンのバリエーションの多さが理由の一つだろう。

 開幕から数週間はスタメンをほぼ固定していたが、新助っ人のヘイグが二軍に降格になったころから打線の組み換えが頻繁になった。しかし、若手野手を積極的に起用していく点は評価したい。

 対する高橋監督はというと、スタメンの入れ替えは金本監督ほど多くない。特にクリーンアップは、今月に入って坂本・長野・阿部の3人を固定。ここでも「静」の高橋監督の一面が垣間見える。

 両チームともに“得点力”という面が大きな課題となっており、後半戦に両指揮官がどういう手に打って出るのかは興味深い。

監督の重要な仕事「継投」

 こちらも指揮官の重要な役割のひとつ「継投」に関しては、ともに野手出身ということもあってか不慣れな場面も多々見られた。

 金本監督は、開幕直後から守護神のマテオを“3イニング起用”するなど、その継投を疑問視する声も少なくなかった。しかし、ホールド数はリーグ最多。かつ逆転負けの数自体もリーグ最少であり、合格点は与えていいだろう。

 一方、高橋監督は沢村という信頼の置ける守護神がいながらも、逆転負けの数はリーグ最多となっている。こちらも対照的で興味深いポイントだ。

1/2ページ

最終更新:6/21(火) 18:00

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。