ここから本文です

小松産トマト、園児にアピール 松陽こども園、クイズや苗植え

北國新聞社 6/21(火) 2:48配信

 小松市とJA小松市、市内のトマト農家は20日、同市の松陽こども園で出前講座を開き、園児78人に北陸最大の生産量を誇る小松産トマトの魅力を伝えた。

 同JAとまと部会青年部の加藤晃一部長らが講師を務め、形や色、大きさによってさまざま種類があることを説明し、園児がトマトに関するクイズに挑んだ。年長児が園庭にトマトの苗を植え、同JA特産のトマトカレーをソースに使ったスパゲティを味わった。

 22日は、やたの認定こども園あおぞらで同様の講座が開かれる。21日には市内の保育施設37カ所で小松産トマトが提供される。

北國新聞社

最終更新:6/21(火) 2:48

北國新聞社