ここから本文です

名称は「イオンモール小松」 開業は来年2月以降

北國新聞社 6月21日(火)2時43分配信

 イオンモール(千葉市)が小松市沖地区で計画する商業施設の名称が「イオンモール小松」に決定した。来年2月14日以降にオープンする予定で、20日までに、大規模小売店舗立地法(大店立地法)に基づき、石川県へ届け出た。

 イオンモール小松は、北陸最大級の広域商圏型店舗に位置付けられており、昨年12月の起工段階では、テナント数は約150店を見込んでいる。

 届け出によると、店舗面積の合計は4万5723平方メートルとした。駐車場の収容台数は3065台で、営業時間は午前7時~翌午前0時となる見通しだ。テナント数について、同社は「現状としては確定していない」(広報)と説明した。

北國新聞社

最終更新:6月21日(火)2時43分

北國新聞社