ここから本文です

ウェールズが決勝T進出、ベイル3戦連発弾など3発完勝…ロシアは予選敗退

SOCCER KING 6月21日(火)5時48分配信

 ユーロ2016・グループステージ第3節が20日に行われ、ロシア代表とウェールズ代表が対戦した。

 今大会ここまで勝利の無いロシアと、前節イングランド代表との“英国対決”に敗れたウェールズの一戦。決勝トーナメント進出に向けて勝利が義務付けられているロシアは、MFロマン・シロコフを初めて先発に起用。キャプテンマークを巻いた。そのほか、FWフェドル・スモロフやFWアルテム・ジューバらがスタメン出場を果たした。

 一方、ここまで1勝1敗のウェールズは、2戦連続ゴール中のFWギャレス・ベイルが先発。中盤にはジョー・アレンやアーロン・ラムジーらが並び、グループステージ突破を目指した。

 最初にチャンスを迎えたのはウェールズ。1分、右サイドでボールを持ったベイルが中央へカットインし、左足を振りぬいた。しかしこれはGKイゴール・アキンフェーフの正面。得点には至らない。

 しかし11分、ウェールズはアレンのスルーパスを受けたラムジーがGKとの1対1を迎えると、チップシュートでゴールに流し込み、先制点を挙げた。

 勢いに乗るウェールズは20分、追加点を挙げる。自陣深くからのカウンターを仕掛けると、左サイドを駆け上がったニール・テイラーの前にボールが転がる。そのままエリア内で落ち着いて左足でシュートを放つと、1度はGKアキンフェーフに防がれるが、こぼれ球を拾い、ゴールへ流し込んだ。このままウェールズがリードした状態で前半を折り返す。

 後半に入ってもウェールズが攻め込む。58分、右サイドでFKを獲得すると、ベイルが直接ゴールを狙った。しかしこれは枠をとらえることができない。

 それでも67分、ウェールズがリードを3点に広げる。エリア手前でボールを持ったラムジーがスルーパスを供給。これに飛び出したベイルが、GKアキンフェーフとの1対1を落ち着いて沈め、ネットを揺らした。

 意地を見せたいロシアは85分、アレクサンドル・ココリンが左サイドから上げたクロスにジューバが飛び込むが、シュートはクロスバーの上へ外れた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ウェールズが3-0の勝利を収めた。同時刻に行われたスロヴァキア代表とイングランド代表の対戦結果も踏まえ、ウェールズのグループステージ首位通過が決定。敗れたロシアは白星を挙げられず大会を去ることとなった。

【スコア】
ロシア代表 0-3 ウェールズ代表

【得点者】
0-1 11分 アーロン・ラムジー(ウェールズ代表)
0-2 20分 ニール・テイラー(ウェールズ代表)
0-3 67分 ギャレス・ベイル(ウェールズ代表)

SOCCER KING

最終更新:6月21日(火)6時27分

SOCCER KING