ここから本文です

週明けにも練習合流か…磐田MF小林祐希、蘭1部ヘーレンフェーン移籍が加速へ

SOCCER KING 6月21日(火)11時19分配信

 ジュビロ磐田に所属する日本代表MF小林祐希が、週明けにもエールディヴィジ(オランダ1部リーグ)のヘーレンフェーンでトレーニングに参加することになった模様だ。オランダ紙『Leeuwarder Courant』の報道を、同国のメディア『Fean Online』などが伝えた。

 報道によると、ヘーレンフェーンのテクニカルディレクターに就任したゲリー・ハムストラ氏が『Leeuwarder Courant』に対し、小林が同クラブのトレーニングに参加することを認め、同氏は「彼(小林)が技術的に、そして戦術的にどこまでできるのかを見たい。彼のパーソナリティーも知りたい」とコメントしたという。なお、練習参加は今月27日からの予定と報じられている。

 小林が所属する磐田は25日に明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ最終節でベガルタ仙台とホームで対戦。翌週末(7月2日)にはセカンドステージ第1節のサンフレッチェ広島戦を控えている。

 小林については15日、『Leeuwarder Courant』など複数メディアがヘーレンフェーンからの関心を報道。日本とオランダが1896年に調印、1912年に改正した日蘭通商航海条約が現在も有効であることにより、労働許可が不要である旨などが伝えられていた。

 小林は1992年生まれの24歳。東京ヴェルディの下部組織出身で、高校3年時の2010年には2種登録選手としてJ2リーグ4試合出場を記録した。翌2011年にトップチームに昇格して中心選手となり、2012年には背番号が「10」に変更、キャプテンに就任した。そして2012年7月、磐田への期限付き移籍が決定。同年12月に完全移籍での加入へと移行した。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで40試合出場6ゴールを記録し、J1復帰に大きく貢献。今季はここまでJ1リーグ15試合出場で4得点の成績を残しており、今年5月にはキリンカップサッカー2016に臨む日本代表に初招集。6月7日のボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表戦でデビューを果たしていた。

 ヘーレンフェーンは1920年創立のクラブ。2008-09シーズンにKNVBカップを制覇し、初タイトルを獲得した。今シーズンのエールディヴィジは11勝9分け14敗の勝ち点42で12位だった。

SOCCER KING

最終更新:6月21日(火)11時34分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]