ここから本文です

インテルが守備陣補強、アチェルビを獲得へ…ラノッキアがトレード要員か

SOCCER KING 6月21日(火)11時53分配信

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルが、サッスオーロのイタリア人DFフランチェスコ・アチェルビを獲得する可能性が高まっている。イタリアメディア『Fcinternews.it』が19日に報じた。

 同メディアによると、アチェルビの移籍オペレーションにはイタリア人DFアンドレア・ラノッキアが組み込まれ、トレードが行われる模様だ。ラノッキアは今年1月、インテルからサンプドリアにレンタル移籍で加入していた。アチェルビのインテル加入に際し、ラノッキアはサッスオーロに移籍することになると見られている。

 しかしラノッキアに関しては、フィオレンティーナへの移籍の可能性も報じられている。サッスオーロとフィオレンティーナが争奪戦を繰り広げる様相を呈している。同選手の移籍先次第で、アチェルビの去就にも影響が出るものと予想されている。

 現在27歳のアチェルビは、2011-12シーズンにジェノアからレンタル移籍でキエーヴォへ加入。同クラブで頭角を現し、翌シーズンにはレンタル移籍でミラン加入を果たした。しかし定位置を奪うことはできず、キエーヴォへの復帰を経て2013年夏にサッスオーロに移籍。2014年には睾丸の癌が発覚して9カ月以上もの闘病生活を強いられたが、完全復活を遂げた。同年11月にはイタリア代表に復帰。今シーズンはセリエAで全38試合中36試合に先発出場し、4ゴールを記録した。

SOCCER KING

最終更新:6月21日(火)11時53分

SOCCER KING