ここから本文です

広島に痛手、主将MF青山敏弘が全治4週間の離脱…浦和戦で負傷

SOCCER KING 6月21日(火)14時36分配信

 サンフレッチェ広島は21日、MF青山敏弘が右ハムストリングス筋損傷で全治4週間と診断されたことを発表した。

 青山は18日に行われた明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節の浦和レッズ戦で負傷。同選手は先発出場していたが、41分に交代を強いられていた。20日に広島市内の病院で検査を受け、負傷状況が判明した。

 青山は1986年生まれの30歳。2004年に作陽高校から広島に加入し、同クラブ一筋でプレーを続けている。2012年からは中心選手としてJ1リーグ2連覇に貢献し、2年連続でベストイレブンに選出。2014年からはキャプテンを務めている。日本代表には2013年に初招集。2014年のブラジル・ワールドカップでは1試合に出場した。昨年は明治安田生命J1リーグ制覇に貢献し、自身3回目となるベストイレブン選出、そして最優秀選手賞(MVP)受賞を果たした。今シーズンは明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節終了時点で15試合出場1ゴールを記録している。

 広島はファーストステージ第16節終了時点で7勝5分け4敗の勝ち点26、暫定4位につけている。次節は25日、ヴァンフォーレ甲府とのアウェーゲームに臨む。

SOCCER KING

最終更新:6月21日(火)14時36分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。