ここから本文です

「不満と失望」のドロー…グループ2位通過の英指揮官「批判は仕方ない」

SOCCER KING 6月21日(火)18時5分配信

 20日に行われたユーロ2016・グループステージ第3節、グループBではイングランド代表がスロヴァキア代表と0-0で引き分け。1勝2分けの勝ち点4で、グループ2位通過となった。

 グループ首位で迎えた第3節をスコアレスドローで終え、2位に転落してグループステージを終えたイングランド代表。試合後、ロイ・ホジソン監督が反省の弁を口にした。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 イングランド代表は攻勢をかけながらゴールネットを揺らすことができず、スコアレスドローで試合を終えた。ホジソン監督は「非常に残念な結果だ」と第一声。「試合を支配して相手のゴール前で何度もチャンスを作ったにも関わらず、1点も奪うことができなかった。不満が残ると同時に失望している」とチームの出来を嘆きつつ、「このチームは得点力が高い。いずれはゴールが決まるはずだ。そう信じている」と、次戦を見据えた。

 イングランド代表はグループステージを1勝2分けで終えた。3試合で3ゴールと、得点数が伸びない現状についてホジソン監督は「3試合全てで試合を支配した。あれだけボールを保持しているのにゴールを奪えていないことについては、批判されても仕方ないと思う」と話し、決勝トーナメントに向けて「(グループBを)首位で通過できれば良かったが、次はグループFの2位チームと戦うことになった。ハンガリーと対戦できれば非常に嬉しいが、相手に関係なくタフな試合を覚悟している」と展望を語った。

 イングランド代表は27日、ニースで開催される決勝トーナメント1回戦でグループFの2位通過チームと対戦する。グループFは第2節終了時点で勝ち点「4」のハンガリー代表が首位、同「2」でアイスランド代表とポルトガル代表が続き、オーストリア代表が同「1」となっている。

SOCCER KING

最終更新:6月21日(火)18時5分

SOCCER KING