ここから本文です

首位通過を喜ぶウェールズ「小さい国だが、今夜は情熱によって大陸に」

ゲキサカ 6月21日(火)12時16分配信

[6.20 EURO B組第3節 ロシア0-3ウェールズ トゥールーズ]

 EURO2016は20日、グループリーグ第3節を行い、B組のウェールズ代表が初出場でグループリーグ突破を決めた。FWガレス・ベイルの3試合連続ゴールなどでロシア代表に3-0で快勝。2勝1敗の勝ち点6に伸ばすと、同組のイングランドは引き分けたため、逆転での首位通過が決まった。

 試合後、逆転での首位突破を果たしたウェールズのクリス・コールマン監督は「我々は当初、16強入りの希望をグループ最終節までつなぐことに集中していた。イングランド、ロシア、スロバキアと同じグループを突破できたなんてファンタスティックだ。選手たちを心から誇らしく思う」と喜びを口にした。『UEFA公式サイト』が伝えている。

「イングランドに悔しい敗北を喫したあとの試合で、彼らは果敢にボールをキープし、チャンスをたくさんつくってくれた。我々は今夜を楽しんだ。地理的には小さな国だけど、今夜は情熱によって大陸になれたよ」

 第2節イングランド代表戦では、ベイルの得点で先制したものの追いつかれると、後半アディショナルタイム2分に逆転を許し、1-2で敗れた。それでもこの日は3発快勝。前半に2点を奪い、後半22分にはベイルが試合を決定付ける3点目。逆転での首位突破を果たした。

 また指揮官は1-0の前半20分に得点を挙げたDFニール・テイラーを賞賛。「ニール・テイラーは落ち着いて決めてくれた。彼がウイングバックとしてプレーするときは、サイドを生かすために攻め上がらせる。テイルズがゴールを決めるなんて夢にも思わなかったが、彼はそれだけの仕事をしてきた。ファンタスティックなプレーを続けている」と労った。

最終更新:6月21日(火)12時16分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]