ここから本文です

チェルシーがカンドレーバ&ボヌッチ両獲りか…87億円準備

ゲキサカ 6月21日(火)18時5分配信

 チェルシーがイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(29)と同DFレオナルド・ボヌッチ(29)の両獲りを検討しているようだ。『サン』が5700万ポンド(約87億6600万円)を用意し、獲得の準備を進めていると伝えている。

 チェルシーは来季より、現在イタリア代表を率いてEURO2016に出場しているアントニオ・コンテ監督の招聘が決定している。同代表メンバーに招集している2人を呼び寄せることで、“コンテ・イズム”の浸透を早めたい考えだ。

 カンドレーバの獲得ついては、現在インテルがラツィオと接触しているものとみられるが、チェルシーは2500万ポンド(約38億円)前後を提示することで、インテルを上回ることが出来ると考えているという。

 ボヌッチには3年契約の週給13万ポンド(約2000万円)を支払うことで勧誘を図っており、ボヌッチ本人も移籍に前向きだという。ユベントスにも2500万ポンド(約38億4000万円)の条件提示をしており、さらにマンチェスター・ユナイテッドに獲得競争で勝利するため、追加の700万ポンド(約10億円)も投じる構えでいる。

最終更新:6月21日(火)18時35分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。