ここから本文です

韓国に衝撃…チェ・ヨンス監督が中国Lに引き抜かれる 後任はファン・ソンホン氏

ゲキサカ 6月21日(火)21時58分配信

 FCソウルは21日、チェ・ヨンス監督(42)が中国スーパーリーグの江蘇蘇寧の監督に就任すると発表した。後任はファン・ソンホン氏(47)が就く。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16で浦和を下し8強に進出するなど、監督としても結果を残すチェ・ヨンス監督にまで、中国の“爆買い”の手が及んだ。

 チェ・ヨンス監督は現役時代は韓国代表のストライカーとして活躍。Jリーグでも市原(現千葉)、京都、磐田でプレーした経験を持ち、日本でもお馴染みの人物だ。

 引退後はFCソウルでコーチ業をスタートさせると、12年からFCソウルの監督に就任。初年度に優勝するなど手腕を発揮していた。

 江蘇蘇寧は先日、セリエAのインテルを買収したことで話題となった蘇寧電器グループの持ちクラブ。今季はACLでは決勝トーナメントに進むことは出来なかったは、リーグ3位と好位置につけている。

 42歳の若き名将候補の引き抜き。韓国国内でも驚きの声が伝えられている。

最終更新:6月21日(火)21時58分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。