ここから本文です

[総体]エース、千葉決勝で復活!流経大柏FW中村翼が延長後半終了間際に劇的V弾!

ゲキサカ 6月21日(火)22時14分配信

[6.21 総体千葉県予選決勝 市立船橋高 0-1(延長)流通経済大柏高 柏の葉]

 一時Bチーム降格も経験したエースが流通経済大柏高を千葉の頂点へ導いた。0-0で突入した延長戦の後半アディショナルタイム、流経大柏は相手のロングボールをCB関川郁万(1年)が頭で跳ね返す。ライナー性のボールとなった跳ね返しが抜けたところへ誰よりも速く反応したのがFW中村翼(3年)。トップスピードで一気にゴールへ迫った中村はGKを右側からかわすと、角度のない位置から右足シュートをゴールへねじ込んだ。

 大興奮の味方ベンチへ駆け寄った背番号9は本田裕一郎監督と抱擁。下級生時から先発起用されるなど期待の存在だった中村だが、今春はなかなか結果が出ずにBチーム降格も味わった。今大会もこれまでPKによる1得点のみで、この日はベンチスタート。それでも「きょうは絶対に決めてやろうと。『オマエが決めて来い』とどのスタッフからも言われていた」というFWが実力を証明する素晴らしい決勝点を決めた。「怒ってばかりだった」という指揮官も目を細めるプレー。鮮やかな復活ゴールによってエースはヒーローとなった。

 この日はいずれも頑張りのきくFW古谷三国(3年)とFW河西守生(3年)が前線の位置で先発。中村は「流経は前から追うことを求められる。自分は走ることができていない」と認めるが、走力、守備面の強化など課題にも取り組み、強化してきた部分をこの日もピッチで発揮していた。献身的な守備など役割をしっかりと果たしつつ、「自分が決める」と思い続けたFWに訪れた1チャンス。それを見事に仕留めた。

 全国大会ではまずゴールを決めてチームの勝利に貢献すること。そして得点ランキングにも名を連ねる。この日は値千金のゴールを決めたが、チームの期待値を考えるとまだまだ少ない。「日本一目指して頑張っていきたい」と言い切ったFWがこれから、ゴールでさらなる信頼を勝ち取る。

最終更新:6月21日(火)22時18分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]