ここから本文です

エースで住宅ローン1年分がチャラに ラッキーマンがファウラーと対面

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月22日(水)10時34分配信

米国男子ツアー「クイッケンローンズナショナル」は23日(木)からメリーランド州のコングレッショナルCCで行われる。冠スポンサーの住宅ローン融資会社、クイッケンローンズと契約を結ぶリッキー・ファウラーは開幕2日前の21日(火)に公式会見に出席。壇上で意外な人物と対面した。

「全米オープン」の激戦をフォトギャラリーで再び

「最高のショットだった!ありがとう!」と、満面の笑みを見せたのはペンシルベニア州に住むバーニー・ウォーコースキーさん。ファウラーに感謝したのは理由がある。クイッケンローンズ社は2014年の同大会から、ツアーの各試合でホールインワンが出るたびに、抽選で選ばれた応募者の1年分の住宅ローン返済を免除するキャンペーンを実施している。

ファウラーはヴァージニア州ロバートトレントジョーンズGCで行われた前年大会の第1ラウンド、9番(パー3)でエースを達成。このおかげで大金を手にしたのが、ウォーコースキーさんだった。

「家のローンの返済も早まったし、遊べるお金も少し増えた」と同氏。電話で連絡を受けた当時は仕事中で、プレゼントの知らせを「すごく疑っていた」という。吉報を耳にする前に、女性の担当者からソーシャルセキュリティナンバーをはじめとしたあらゆる個人情報を聞かれ、回答するまでに何度か押し問答があった。すべて答えると、当選したことを伝えられて大喜びした。

ウォーコースキーさん自身もゴルファーで、ふだん通うゴルフコースは、ファウラーがアマチュア時代に2連覇したローカル大会がいまも行われており、不思議な縁もあった。

なお、ファウラーと同じ昨年大会初日には石川遼も4番(パー3)でホールインワンを達成しており、別の当選者のローン返済を手助けしたことになる。

「実は当時、このキャンペーンのためにコマーシャル撮影もしていたんだ。このクイッケンローンズの試合で実際にホールインワンできるなんて最高だったね」。ファウラーはこの会心の一打もあって前年大会を2位で終え、大会ホストの任を果たした。

ことしは前週の「全米オープン」を含め、直近3試合連続で予選落ち中だ。「ここ数カ月は思うようなプレーができていないけれど、今週は夏場に向けて良い感触をつかめると思う」と復調に期待していた。(メリーランド州ベセスダ/桂川洋一)

最終更新:6月22日(水)10時34分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。