ここから本文です

<動画>ミア・ワシコウスカ、日本のファンのコスプレに感動 来日イベントに2000人 映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」

まんたんウェブ 6月22日(水)20時39分配信

MANTAN

 大ヒットファンタジー映画「アリス・イン・ワンダーランド」の続編「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」(ジェームズ・ボビン監督、7月1日公開)でアリス役を演じるミア・ワシコウスカさんが来日し、6月21日に東京・六本木ヒルズアリーナで行われたジャパンプレミアイベントに出席した。イベントには約2000人のファンが集まるなど盛況で、中には“ワンダーランド”の住人をイメージしたコスプレのファンも多く参加。レッドカーペット後に行われた舞台あいさつでワシコウスカさんは、「たくさんの方々にお越しいただいて、しかも結構コスプレもしてくれていて、とても感動しています」と笑顔だった。

 舞台あいさつ前にはレッドカーペットイベントも開催。集まったファンに対し写真撮影やサインなどのサービスを行い、歓声を浴びていた。レッドカーペットにはワシコウスカさん、ボビン監督、プロデューサーのスザンヌ・トッドさんらも出席した。

 

 同作は、ティム・バートンさんが監督を務め、ジョニー・デップさんが出演したことも話題になった「アリス・イン・ワンダーランド」の“はじまり”の物語。悲しい過去に心を奪われたマッドハッターを救うため、時間をさかのぼるアリスの冒険を描く。マッドハッター役でデップさん、アリス役でワシコウスカさん、白の女王役でアン・ハサウェイさんらが出演している。

最終更新:6月22日(水)20時39分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。