ここから本文です

ジャスティン・ビーバーの「Sorry」日本版MVにオリラジ藤森登場

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月22日(水)4時9分配信

昨年発売された最新アルバム『パーパス』が世界100の国と地域のiTunesトップアルバムランキングで1位を獲得し、今年開催された第58回グラミー賞で自身初受賞を果たすなど、世界的スーパースターとしてその存在感を発揮し続けているジャスティン・ビーバー。8月には待望の来日公演行われるが、このたびジャスティンのヒット曲「Sorry」の“日本版ミュージックビデオ”が解禁となった。

【詳細】「Sorry」日本版MVはこちら

同ビデオにはお笑いコンビ、オリエンタルラジオの藤森慎吾が出演。かねてからジャスティン・ビーバーのファンを公言し、自身のファッションもジャスティンを真似ているという藤森は、今回の撮影に関して「もう光栄です! あのー、大好きなんで。まさかこんなお話をいただけるなんて。もう飛び跳ねて喜びました。いやマネージャーに3回ぐらい確認しましたね」と興奮気味に語った。

ビデオでは藤森のほかに19名のダンサーも出演し、謝罪ポーズとダンスを融合させた様々な“Sorryダンス”が総勢20名によって披露されている。ビデオの見どころについては、「本格的なダンスをしつつ、ストーリー性のある、ちょっとニヤけてしまうような、そんなシチュエーションもあって、見どころ満載だと思います」とコメント。

自身も披露した謝罪ポーズについては「そうですね、過去に自分が土下座したことを思い出せば、自然と、はい。上手くできたなぁと、思います。初めてじゃないので。ごめんっていうのはね。はい、それを思い出してやりました」と、チャラ男らしい(?)コメントで現場を和ませる場面も。藤森渾身の“Sorryダンス”はぜひビデオ本編でチェックしてほしい。

ジャスティン・ビーバーは8月13・14日に幕張メッセでの来日公演が決定しており、チケットは今週末一般発売。さらに、来日を記念して、昨年発売のアルバムにさらに特典を追加した豪華版『パーパス~ジャパン・スーパー・デラックス・エディション』、および2013年に配信限定で発売されたアルバム『ジャーナルズ』が7月22日に発売されることも決定している。

また、このミュージックビデオの公開に合わせ、ビデオ内でも取り入れられている“Sorryダンス”を募集するキャンペーンもスタート。ハッシュタグ「#Sorryダンス」をつけて、自身のSNSで謝罪ポーズを取り入れた画像や動画を投稿すると、投稿者の中からジャスティングッズなど豪華景品が当たる。

景品には昨年12月の来日時に開催された合同質問会で、ジャスティンが会場に登場する際に使用して話題となった、体重移動だけで運転できる新感覚の乗り物“チック スマート”(旧名:ジャイロボード)も含まれているということで、見逃せない内容となっている。キャンペーンの詳細は特設サイトでチェックしよう。

リリース情報
2015.11.13 ON SALE
ALBUM『パーパス』

2016.07.22 ON SALE ※予定
ALBUM『パーパス~ジャパン・スーパー・デラックス・エディション』

2016.07.22 ON SALE ※予定
ALBUM『ジャーナルズ』

2016.07.22 ON SALE ※予定
ALBUM『ジャーナルズ~デラックス・エディション』

ライブ情報
JUSTIN BIEBER PURPOSE WORLD TOUR 2016
08/13(土) 千葉・幕張メッセ
08/14(日) 千葉・幕張メッセ

ジャスティン・ビーバー「Sorry」~オリラジ藤森ver.~
https://youtu.be/WyhXHKLvHLA

ジャスティン・ビーバー “#Sorryダンス”特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/justin-bieber/sorry-dance/

ジャスティン・ビーバー OFFICIAL WEBSITE
http://justin-bieber.jp

最終更新:6月22日(水)4時9分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。