ここから本文です

ダイナソーJr.、一夜限りの単独公演を東京・恵比寿 LIQUIDROOMにて開催

CDジャーナル 6月22日(水)15時51分配信

 8月5日(金)に約4年ぶりのニュー・アルバム『ギヴ・ア・グリンプス・オブ・ホワット・ヤー・ノット』をリリース。直後の8月20日(土)には、幕張メッセで開催される〈HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER〉にヘッドライナーで出演することが決定しているオルタナティヴ・ロック・バンド、ダイナソーJr.(DINOSAUR JR.)が、8月22日(月)に東京・恵比寿 LIQUIDROOMにて一夜限りの単独公演を行ないます。チケットの一般発売開始は7月2日(土)。詳細は公演の特設ページ(ynos.tv/hostessclub/schedule/20160822.html)をご覧ください。

 また、ニュー・アルバム『ギヴ・ア・グリンプス・オブ・ホワット・ヤー・ノット』より新曲「Tiny」のミュージック・ビデオが公開されました。同楽曲は、英国の人気テレビ番組「The Late Show with Jools Holland」でのパフォーマンスが大きな話題を呼んでいた轟音ロックンロール。映画『マイ・ライフ・メモリー』や『シェリー・ベイビー』などで知られ、バンドのフロントマン、J.マスキスとも親交の深いローリー・コルヤーが監督したミュージック・ビデオでは、“スケボー犬のBeefyくん”がバンドのリハーサル・ルーム前で眠り、J.マスキスとスケートボードを楽しむ夢を見るキュートなストーリーとなっています。

最終更新:6月22日(水)15時51分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。