ここから本文です

爆笑問題・太田光 政治家を信用できない理由「立候補して私に票下さいって言う奴」

リアルライブ 6月22日(水)11時38分配信

 22日未明放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で爆笑問題の太田光が、政治家を信用できない理由を明かした。

 最近の政界といえば、なんといっても舛添要一前東京都知事の“公私混同問題”だろう。大騒動に発展した疑惑は、都民だけでなく、日本国民からも注目を浴びた。最終的にマスコミや国民から猛バッシングを浴びながら、舛添氏は辞職。舛添氏の一連の疑惑により、日本国中に政治不信が広まっているのが現状だ。

 太田は、「まず政治家で信用できないなっていうのは…政治家全員ね」と前置きし、「立候補して私に票下さいって言う奴って、ろくなやつじゃない」と一刀両断。田中は太田の意見を否定したが、「ただ、言いたいことはわかる」と一部認めた。

 さらに、太田は「他薦みたいな…」と説明し、「昔は町長さんとかって、学校の校長とかやってて。みんなからお願いしますって、やってくださいよっていうのがあった。周りの住民がお願いしますって言って、なる。そういうのが一番いいよね」と理想を語った。

最終更新:6月22日(水)11時38分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。