ここから本文です

6月中旬に日本で迎える初戦…今田竜二の2016年シーズン

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月22日(水)18時28分配信

米国に拠点を置く今田竜二が、23日に開幕する国内男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」に主催者推薦で出場する。今季は米国PGAツアー、下部ウェブドットコムツアーともに出場はなし。年明けから6カ月が過ぎて、日本でようやくの2016年初戦を迎える。

【写真】さわやかな笑顔でカメラに目を向ける今田竜二

「ウェブドットコムツアーには出たい気持ちもあった」としながらも、4月中旬まで南米のコースが続くシーズン序盤戦は、体への負担を考慮して回避。この数カ月はPGAツアーの予選会などに出場しながら、自宅があるフロリダ州タンパで練習に打ち込む日々を送ってきた。今大会への出場については「ISPSさんから推薦を頂けたので、ぜひ出たいと思いました。やる気もあるし、フレッシュな感じです」と話し、久々の実戦を前に気力は十分だ。

いままで経験したことのないスケジュールで迎えようとしている39歳の夏。さまざまな不安が心を占めているのも事実だ。「体も思うように動いてくれないし、今は順位やスイングどうこうではない。試合の緊張感の中で、練習してきたことが少しでもできればいいな、という感じです」と控えめな抱負にとどめた。

5月にフロリダ州で行われたPGAツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」では、これまでプレーしてきた舞台を日本のお茶の間に伝える仕事で、初めて現地のテレビ解説席に座った。難度が高い浮島グリーンの名物ホール・17番(パー3)の場面では、「自分だったら打ちたくないなあって、見ていて吐き気がした」という。

「でも、そんな張り裂けそうな緊張感が心地良かったりもする。また、そういうところでやりたい気持ちはありますね」。プレーヤー目線を違う角度から求められたことで、自分が戻るべき場所を、再認識する機会にもなった。

次週の国内ツアー「セガサミーカップ」への推薦出場も決まっている。「今は、失敗しちゃいけないという怖さが先行しているところがある。その気持ちに向かっていかないといけない」。精悍な表情を、いっそう引き締めた。(石川県羽咋市/塚田達也)

最終更新:6月22日(水)18時28分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]