ここから本文です

キタサンブラック清水久師「ファン投票1位の期待に応えたい」/宝塚記念共同会見

netkeiba.com 6月22日(水)16時0分配信

■キタサンブラックを管理する清水久詞調教師

――今朝の追い切りはいかがでしたか?
清水「指示はいつもどおりですね。動きはよかったです。手ごたえは持ったままで、時計もしっかり出ています」

――馬の状態はいかがでしょうか?
清水「いい状態で挑めると思っていただいて結構です」

――前走の天皇賞(春)を振り返ってください。
清水「よく頑張ってくれました。最後の直線では一旦(カレンミロティックに)出られたんですけど、差し返してくれました。僕は心の中で叫んでいました。3200でもきっちり折り合ってくれました。頭が下がりますね」

――以前より負荷をしっかり掛けられるようになったとのことですが、そのあたり成長を感じられますか?
清水「はい。ちょっと可哀想なくらい追い切りを重ねてきているんですけれども。カイバもしっかり食べています。こたえているようなところが見受けられないのでね。それだけ力をつけているということだと思います。ここも手加減せずに目いっぱい仕上げてきました。心肺能力が高いと思います」

――本質的な距離適性は?
清水「センスがありますので、どこがベストというよりは、ベストの範囲が広い馬だと思っています」

――阪神の芝2200は初めてですが?
清水「これに関しては何も心配していませんね。内まわりというのはもちろんいいでしょうし、この馬は初めてのコースでも問題ありません」

――道悪はいかがですか?
清水「こればっかりは仕方ないですね。いい天気でやりたいですが、(ほかの馬と)同じ条件なので」

――ファン投票1位での出走です。ファンの方へメッセージを。
清水「ひじょうにありがたいですね。1位に選んでいただけるとは。それだけの期待に応えたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:6月22日(水)16時9分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]