ここから本文です

メディア環境10年間の変化を振り返る/博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2016」発表

MarkeZine 6月22日(水)15時50分配信

メディア環境10年間の変化を振り返る/博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2016」発表

画像

 博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所は、生活者のメディア接触の現状を調査・分析する「メディア定点調査」を2006年から行っている。調査開始10年を迎えた本年は、時系列分析を実施し、メディア環境の10年間の変化について発表した。

【写真・画像】メディア環境10年間の変化を振り返る/博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2016」発表

●「携帯・スマ―とフォン」「タブレット」の合計、全体のシェアの3割に迫る

 1日あたりのメディア総接触時間は393.8分。昨年から10分強増加して初めて390分台に乗り、過去最大となった。「携帯・スマ―トフォン」と「タブレット」の伸長がメディア総接触時間の増加を牽引し、「テレビ」「ラジオ」「新聞」「雑誌」も微増。「パソコン」のみ減少した。

 また昨年、メディア総接触時間のシェアの4分の1を超えた「携帯・スマートフォン」と「タブレット」のシェアは合計で29.3%と3割に迫る勢いに。

 「スマートフォン」の所有率は70.7%で昨年とほぼ変わらず横ばい。一方、「タブレット」の所有率は昨年から10ポイント強上昇して38.8%と、4割に近づいた。

●「携帯・スマートフォン」に対するメディアイメージは? 

 「携帯・スマートフォン」のメディアイメージはさまざまな項目が10年間で急伸した。特に「情報が早くて新しい」の伸びが顕著で、昨年「テレビ」を上回り、今年「パソコン」を抜いて67.0%と、2006年の21.2%から3倍以上になった。

 また、「自分にとってなくてはならない」(2006年:12.2%→2016年:53.7%)、「知りたい情報が詳しく分かる」(2006年:12.2%→2016年:47.7%)などの伸長も著しい。

 他のメディアのイメージも次のような項目が10年間で大きく変化した。「テレビ」は「分かりやすく伝えてくれる」(2006年:58.9%→2016年:69.3%)、「ラジオ」は「生活者の声に耳を傾けてくれる感じ」(2006年:21.6%→2016年:30.0%)、「新聞」は「ポリシーやメッセージを感じる」(2006年:38.1%→2016年:48.3%)、「雑誌」は「センスがいい・カッコいい」(2006年:22.5%→2016年:30.8%)、「パソコン」は「斬新な情報が多い」(2006年:31.4%→2016年:41.3%)などといったイメージが上昇した。

●「テレビ」をインターネット回線に接続している比率、初めて3割超に

 「テレビ」をインターネット回線に接続している比率は、2012年の調査開始時から2割前後で推移していたが、今年8ポイント近く上昇して31.0%となり、初めて3割を超えた。

※数値はすべて東京地区

■ 調査設計 ■
調査地区:東京都、大阪府、愛知県、高知県
標本抽出方法 :RDD(Random Digit Dialing)
調査方法:郵送調査法
調査対象者:15~69歳の男女
標本構成:4地区計 2,543サンプル(東京637、大阪641、愛知644、高知621)
2015年住民基本台帳に基づき性年代でウエイトバックを実施
調査期間:2016年1月28日~2月12日
調査機関:ビデオリサーチ

最終更新:6月22日(水)15時50分

MarkeZine