ここから本文です

台湾で初ライブのパスピエ、「音で伝えられれば」 グルメにも興味

中央社フォーカス台湾 6月22日(水)15時53分配信

(台北 22日 中央社)日本の男女5人組バンド「パスピエ」が22日、台北市内で音楽イベント「2016金曲国際音楽節」の開幕記者会見に出席。23日には同イベントのプログラムの一つとして開催されるショーケースで、初の台湾公演を行う。ボーカルの大胡田なつきは「歌詞は分からなくても、その場で一緒に楽しめれば。音などで伝えたい」と意気込みを語った。

台湾で食べたいものを聞かれると、大胡田はテレビで見たことがあるという「牛肉麺」を試してみたいと回答。その他のメンバーも、胡椒餅やマンゴーかき氷、麺線などの名前を挙げ、台湾の名物グルメに興味を示していた。

コラボレーションしたい台湾アーティストについては、大胡田はあまり詳しくないとしながらも「同じようにバンドをしている人と会ってみたい」と話した。さらに、美術や芸術の分野で活躍する人とのミュージックビデオなどでのコラボに意欲を見せ、「感覚の違いで、楽しい何かができるのでは」と期待をのぞかせた。

金曲国際音楽節は台湾を代表する音楽賞「ゴールデン・メロディー・アワード」(金曲奨)に関連したイベント。24日までの会期中、世界各国から音楽関係者が集まり、ショーケースのほか、商談会、フォーラム、エキシビションなどが行われる。

(名切千絵)

最終更新:6月22日(水)15時53分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。