ここから本文です

【パンクラス】ラウジーの古巣アマチュアMMA団体と提携

イーファイト 6月22日(水)18時30分配信

 MMA(総合格闘技)団体「パンクラス」(酒井正和代表)はアメリカのアマチュアMMAプロモーション「タフイナフ」(Tuff-N-Uff/ジェフ・メイヤー代表)との業務提携を発表した。

【フォト】パンクラスは2013年に元K-1戦士レイ・セフォーのWSOFとも提携している

 1994年に創設されたタフイナフ。ネバダ州ラスベガスを本拠地に活動しており、2003年11月に第1回のMMA大会を開催。これまでに元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー(アメリカ)や現WSOFウェルター級王者ジョン・フィッチ(アメリカ)などのUFCファイターを輩出してきた。

 タフイナフは6月25日(土・現地時間)ネバダ州立大学ラスベガス校内の会場にて年間最大イベント「Pack The Mack」(パック・ザ・マック)を開催するが、そこで同団体の各階級王者がパンクラスとプロ選手契約を結ぶことを発表する。

 パンクラスの酒井代表は「アマチュアMMA団体として歴史のあるタフイナフと一緒に、アマチュアの段階から日米のスター選手を輩出できる仕組みになっていくことはスポーツMMAの推進にも繋がる。今回の提携でパンクラスのネオブラッドトーナメントがよりレベルアップされていくと思うし、アマチュア女子格闘技も強化していく流れになるだろう」とコメント。

 また、タフイナフのメイヤー代表は「タフイナフの選手が世界で最も由緒あるMMAプロモーション・パンクラスとプロ契約することを誇りに思います。タフイナフの選手がプロの世界で成長し、未来のMMAスターとなる姿を見届けていきたい」と喜びを語った。

最終更新:6月22日(水)18時30分

イーファイト