ここから本文です

フェイムゲーム宗像師「今年は回復が早かった」/宝塚記念共同会見

netkeiba.com 6月22日(水)18時51分配信

 フェイムゲーム(牡6・美浦・宗像義忠)が宝塚記念(GI・芝2200m)に向けて、併せ馬で最終追い切りを消化した。追い切り後に管理する宗像調教師の共同記者会見が行われた。

(現在のコンディションは?)
「良いと思っています。牧場でも乗っていますし、こちらに来ても順調に乗れています。飼い葉も食べていますし、動きや馬体についても順調だと思います」

(8着だった前走の春の天皇賞について)
「もう少し前のポジションで行ってほしかったのですけど、少しスタートも遅かったので仕方なかったですね」

(外から差は詰めていたが?)
「最後は脚を使っているのですけどね。少し外を回っていましたし、距離のロスもあったかもしれません」

(レースの疲れは?)
「レース後は放牧に出ましたが、すぐに回復しました」

(宝塚記念への調整過程は?)
「疲れが取れて牧場で始動ということで、少し速いところを始めました。厩舎に戻って来てそれを継続してという形ですね。去年の春の天皇賞後は疲れがあったのですけど、今年は回復が早かったので、これなら次は宝塚に行けるかなという感じでした」

(今日の最終追い切りについて)
「今日は丸田が乗りましたが、スムーズに走っていました。乗りづらい面がある馬ですが、今日は本当に素直に前向きに走ってくれましたので、良かったですね」

(追い切りでチークピーシーズを装着していたが?)
「感じが良いので、競馬で着けても良いかなとは思っています。少し前向きになってくれればと思います」

(6歳ですが、完成度は?)
「わりと充実した時期だと思います。2年前に宝塚記念に出走した時よりも、体も大きくなっていますし、精神的にも少し大人になっていますね」

(GI制覇に近づいた感がある?)
「そうですね。体調的に充実した時期だと思います」

(今回レースでは柴山騎手が騎乗するが?)
「何回か調教で乗っていて、感触は掴んでもらっています。できるだけスムーズな競馬ができるようにということを話しています」

(中団あたりで競馬を?)
「内回りですし、後ろからの競馬は厳しいですね」

(梅雨時期だが馬場状態は?)
「良い馬場の方が良いですが、道悪も走っていますので、それなりにはこなせるでしょう」

(相手関係は?)
「元気な4歳がたくさんいますので、4歳馬に胸を借りる形で頑張りたいです」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:6月22日(水)18時51分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。