ここから本文です

【参院選2016第一声】 自民党 東京選挙区・中川雅治(全文)

THE PAGE 6月23日(木)10時48分配信

 第24回参議院選挙が22日、公示されました。7月10日の投開票に向け、論戦が始まります。東京選挙区には自民党の中川雅治氏が立候補し、第一声を上げました。

参院選スタート 「東京選挙区」の各候補が第一声【動画付き】

中川:中川雅治でございます。いよいよ、本日告示になりました参議院選挙、7月10日投票で始まりました。私はこの選挙戦、極めて重要な選挙だと思っております。安倍総理のリーダーシップで、政府・与党一体となって、内外ともに山積する課題を1つ1つクリアをして、この国を前へ前へと進めていくことができる。そういう体制をいただけるか、これが問われている大事な選挙でございます。

 政治の最大の責務は国を守る、国民の生命、安全を守ることでございます。安倍総理はリーダーシップを発揮して国を守るための法律を制定し、外交努力を続け、伊勢志摩サミットを成功させ、オバマ大統領の広島訪問を実現いたしました。

 私もこの間、参議院の国家安全保障に関する特別委員長、そして参議院の議院運営委員長などを務めまして、国を守る、国民の生命、安全を守るための法律の制定に尽力させていただいたところでございます。これからも国民の生命、安全を守る、国を守る、政治の最大の責務を果たすため全力を尽くす決意でございます。
 そして私は誰もが温かく包まれる社会、誰もが温かく包まれる東京の実現を目指してまいります。アベノミクスは効果を上げております。そして雇用は改善され、就業者数は110万人増えました。そしてまたGDPもリーマンショックの前の水準に本年戻る、そういう見込みでございます。倒産件数も減っております。

 しかし道半ばでございます。デフレ脱却を確実にし、この経済の好循環を必ず実現するために、消費税の10%増税をさらに2年半先送りいたしました、この間にあらゆる政策を総動員して、必ず経済の好循環を実現いたします。そして、大企業と中小企業の収益力の格差をしっかり埋めていく。そして若者の所得を上げる。私はさまざまな面での格差の是正に力を入れてまいります。保育士、介護士の給与が低い、非正規から正規へ、同一労働同一賃金を進めてまいります。子供の貧困を解消する政治の大きな責任もございます。こういった課題に1つ1つ挑戦をして、誰もが温かく包まれる社会、誰もが温かく包まれる東京を実現してまいります。

 そして東京オリンピック・パラリンピックの成功に向け私も全力を尽くします。東京、この大規模災害、今回も九州で大変な豪雨がございました。首都直下型地震の恐れもございます。こうした大災害に備えて、安心・安全なまちづくりを進めるため、国土強靱化を進めてまいります。そして地球温暖化対策の推進も重要であります。地球を守る責任を、わが国がリーダーシップを持って進めていかなければなりません。

 私のキャッチフレーズは、東京に情熱、地球に責任、そして誰もが温かく包まれる社会、誰もが温かく包まれる東京を実現したい、ということでございます。いよいよ18日間の選挙戦が始まります。本日ここにご参集いただきました皆さま方、足を止めてお聞きいただいております皆さま方の、最後の最後までのお力をどうぞお貸しください。そして必ず勝利をいたしまして、皆さま方に御恩をお返ししたい。東京のため、日本のため、国家のために働かせていただきたいと決意いたしております。どうぞ最後の最後まで、ご指導、ご鞭撻、ご支援のほどを心より重ねてお願いを申し上げまして、私の決意表明といたします。よろしくお願いいたします。ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

最終更新:6月23日(木)11時1分

THE PAGE