ここから本文です

【K-1】ブライド「僕は3倍強くなった。優勝するのが楽しみ」

イーファイト 6月22日(水)19時36分配信

 6月24日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催の『K-1 WORLD GP 2016 ~-65kg世界最強決定トーナメント~』に出場する、Enfusion世界-67kg王者イリアス・ブライド(モロッコ)が22日(木)都内にて公開練習を行った。

【フォト】ブライドのボディブロー

 パンチ&蹴りのミット打ちで、長いリーチを活かした攻撃を見せたブライドは「このトーナメントで勝つために日本へ来た。優勝者になるのが楽しみで仕方がない」と、堂々の優勝宣言。

「心境はいつもの試合と変わらないよ。1試合目だけに集中している。いつもと違うのは1日3試合戦うことだけだね。トーナメントは何が起こるか分からないから、その場その場で考えるよ」と、一戦一戦をクリアしていくとブライド。「1日3試合戦うためには3倍強くなければならない。コンディション、フィジカルの強さが大事だからそこを強化してきた。その結果、僕は3倍強くなったと言えるかもしれない」と言い放つ。

 そして、「3試合ともKOで勝てればそれにこしたことはないが、一番大事なことは勝つこと、優勝することだ。判定でもKOでも関係ない。俺は優勝する」と、とにかく優勝するんだとの固い決意をみなぎらせていた。

最終更新:6月22日(水)19時36分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。