ここから本文です

<NHK>リオ五輪で2000時間超を生配信へ

まんたんウェブ 6月22日(水)19時1分配信

 NHKがリオデジャネイロ五輪のインターネット展開として、現地からの生中継映像をパソコンやスマートフォン向けアプリで視聴できるライブストリーミング(生配信)を2000時間以上にわたって実施することが22日、同局で行われた定例会見で明らかになった。民放も含めてテレビで放送されない競技・種目やNHKが録画で放送する競技などが対象で、期間中に1日1種目程度、ネット独自の実況や解説を付けて配信する予定。

【写真特集】NHK五輪キャスター決まる 杉浦友紀アナらが抱負

 また、このほかのネット展開として、ライブストリーミングで配信した競技・種目を含め、現地からNHKに送られるすべての競技・種目の映像が視聴できる「動画見逃しサービス」も実施。日本選手の活躍シーンを中心にした動画や、日本時間で深夜から午前中に行われる競技をコンパクトにまとめた「ハイライト動画」も毎日、朝と昼前の定時に配信する予定。見逃しサービスの動画は計2300時間程度を見込んでいる。

 

 ライブストリーミングはロンドン五輪時にも実施され、合計913時間を配信したが、同局の木田幸紀放送総局長は「競技全部、2000時間という量に、まずしっかりと着実に対応できるか、量がケタ違いなのが五輪に向けての課題」と明かし、「東京五輪ではすべての競技(が対象)になると思うので、そのときは2000時間を超えるものに対応しなければならない。我々が考えているシステムで、現状でどこまでできるか大きなチャレンジ」と語った。

最終更新:6月22日(水)19時18分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。