ここから本文です

<福山雅治>ジョン・ウー監督新作「追捕」大阪で撮影開始 チャン・ハンユーら出演者らが鏡開き

まんたんウェブ 6月22日(水)20時33分配信

 福山雅治さんが主演を務めるジョン・ウー監督最新作「追捕 MANHUNT」の撮影がこのほど大阪で始まった。17日にはロケ地・大阪のランドマーク「あべのハルカス」で中国・香港メディアに向けてクランクインを報告する会見を開き、撮影の順調な進行と安全を祈願して日本の伝統的な鏡開きを行った。クランクアップは10月を予定している。

【写真特集】福山らアジアのスターが共演! 鏡の開きのあとには酒を酌み交わし…

 この日はウー監督、プロデューサーのゴードン・チャンさんとチャン・ヒンガさん、撮影のために来日したチャン・ハンユーさん、福山さん、チー・ウェイさん、國村隼さん、桜庭ななみさん、池内博之さん、TAOさんらが出席。配給するメディア・アジア・グループのピーター・ラム主席も激励のために大阪入りし、ロケ地の松井一郎・大阪府知事や吉村洋文・大阪市長も会場に駆け付けた。

 「追捕」は約4000万ドル(約41億7600万円)の製作費を投じて、ウー監督が手がける超大作。西村寿行さんの小説「君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ」(徳間書店)の再映画化で、1976年に高倉健さんと中野良子さんが出演し映画化された。同作は中国で「追捕」というタイトルで公開されブームを巻き起こした。

 今回の映画化では、チャンさん、福山さん、ハ・ジウォンさん、チーさんと日中韓のスターが主演し、日本から新旧実力派の國村さん、桜庭さん、池内さん、竹中直人さん、TAOさん、倉田保昭さんらが参加。美術監督は劇場版アニメ「思い出のマーニー」や映画「キル・ビルVol.1」などを手がけた日本のアートディレクションの第一人者である種田陽平さん、撮影指導は「るろうに剣心」3部作を担当した石坂拓郎さんが手がける。

 国際弁護士・杜秋(チャンさん)は、自身の送別パーティー後、突然、同僚女性殺害の容疑を受ける。杜秋逮捕に全身全霊を傾けている敏腕警部・矢村聡(福山さん)は、杜秋の行動を把握しながらも逃げられてしまい、臍(ほぞ)をかみつつもひそかに杜秋の機知に敬服していた。同時に殺人事件の状況証拠を怪しく思い、杜秋が罠にはめられているのではないかという疑問を持ち始める。最終的に2人は協力して真相を突き止めることになる……という展開。

1/2ページ

最終更新:6月22日(水)20時47分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。