ここから本文です

政府招聘の外国人大学院生700人 名簿発表=韓国

聯合ニュース 6月22日(水)10時4分配信

【世宗聯合ニュース】韓国の教育部と国立国際教育院は22日、2016年度政府招聘(しょうへい)外国人大学院奨学生(GKS)、700人の名簿を発表した。

 GKS(Global Korea Scholarship)事業は世界の優秀な人材を韓国に招き国際的な親韓ネットワークを構築してグローバル人材を育てる事業。1967年に始まりこれまでに150カ国から7425人の外国人学生を招いた。

 今回選抜された奨学生の出身国は142カ国で、地域別ではアジアが245人(35%)、欧州が188人(27%)、アフリカが115人(16%)となっている。

 国別では、インドネシアが23人と最多で、次いで中国が22人、米国が20人、ベトナムが19人と続いた。

 専攻分野は人文社会が55%、自然工学が42%、芸術・スポーツが3%。

 学生の中にはパナマやミャンマー、ヨルダンの公務員も含まれている。

 学生は9月から韓国語研修機関で1年間の語学研修を受けた後、56の大学院の修士・博士課程に進む。

最終更新:6月22日(水)10時4分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。