ここから本文です

国家安全保障会議開催へ 北朝鮮のミサイル発射受け=韓国

聯合ニュース 6月22日(水)11時25分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は22日、北朝鮮が同日午前に中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられるミサイル2発を発射したことを受け、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を午前中に開催し、対策を協議する。青瓦台の鄭然国(チョン・ヨングク)報道官が書面で伝えた。

 NSC常任委員会には金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長や大統領秘書室長、外交部、統一部、国防部の長官、国家情報院長らが出席する。

 北朝鮮のミサイル発射は弾道ミサイルの発射実験を禁じた国連安全保障理事会の決議違反と指摘し、対策を講じるとみられる。同日、2発目(計6発目)として発射したミサイルはこれまでで最長となる約400キロを飛行したとされ、北朝鮮のミサイル技術の進展についても議論する見込みだ。

 射程距離が3000~4000キロのムスダンの最低射程は500キロ以上で、北朝鮮がこれまで発射実験を行った6発中、5発は失敗と評価されている。

 北朝鮮は同日午前、5発目と6発目のムスダンと推定されるミサイルを発射した。約400キロを飛行した6発目については、韓国の軍当局などが、発射に成功したかどうかを分析している。

最終更新:6月22日(水)11時32分

聯合ニュース