ここから本文です

【先出し週刊ファミ通】発売まであと1週間! 『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』シリーズの振り返り&打越鋼太郎氏を林編集長が直撃!(2016年6月23日発売号)

ファミ通.com 6月22日(水)21時2分配信

●打越氏が本作で描きたかった“決断”とは
 スパイク・チュンソフトから2016年6月30日に発売が予定されている、ニンテンドー3DS、プレイステーション Vita用ソフト『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』。本作は、驚愕のトリックで、多くのプレイヤーを魅了してきた、スパイク・チュンソフトの打越鋼太郎氏が手掛ける、『極限脱出 9時間9人9の扉』、『極限脱出ADV 善人シボウデス』に続く、シリーズ完結作だ。

 発売一週間前となる週刊ファミ通2016年7月7日号(2016年6月23日発売)では、本作の情報を総まとめ。各チームの見どころに加え、『極限脱出』シリーズの振り返りなどを8ページにわたって掲載している。また、記事のラストには、打越鋼太郎氏の対談企画の一環として、週刊ファミ通編集長の林克彦との対談を掲載。シリーズのファンでもある林と、本作の魅力はもちろん、テーマである“決断”について語る!

 詳細は、週刊ファミ通2016年7月7日号(2016年6月23日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)
■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER

最終更新:6月22日(水)21時2分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。