ここから本文です

韓国女子バスケットボール連盟、“チェルシー・リー事件”の後続措置を7月5日に最終決定

WoW!Korea 6月22日(水)13時54分配信

「韓国系米国人である」と関連書類を偽造し、物議を醸しているチェルシー・リー(富川KEBハナ銀行)と関連した後続措置が、来月5日に最終決定される。

 韓国女子バスケットボール連盟(WKBL)は22日午前、第19期4次理事会を開き、チェルシー・リーの文書偽造事件の後続措置と制裁事項などを協議。来月5日の5次理事会で最終決定を下すと発表した。この決定前までに、法的な部分での追加分を確定し、反映させる予定だ。

 WKBL関係者は「各チームの意見を集めたが、特別な意見は出なかった。ただし、事案の重要性を考慮し、今回の理事会で最終決定するのは無理があると判断。来月の理事会で、さらに慎重な決定を下すことになった」と説明した。

 一方、チェルシー・リーは去る2015-16シーズン、混血選手資格でKEBハナ銀行でプレーし、新人王も手にした。シーズン終了後、大韓体育会はチェルシー・リーを国家代表に抜てきするため、帰化を推進していた。しかし、法務部の審査過程で書類偽造の事実が明らかとなり、物議を醸している。

最終更新:6月22日(水)13時54分

WoW!Korea