ここから本文です

福島県内2施設栄誉 じゃらん東北「売れた宿大賞」

福島民報 6月22日(水)11時8分配信

 旅行雑誌「じゃらん」を発行するリクルートライフスタイルは平成27年度の東北ブロックじゃらんアワードを発表した。売れた宿大賞の11~50室部門で福島県会津若松市東山温泉の「庄助の宿 瀧の湯」、51~100室部門で同温泉の「くつろぎ宿 新滝」がそれぞれ1位に輝いた。
 売れた宿大賞は旅行サイト「じゃらんnet」の取扱額が上位の宿泊施設に贈られる。部屋数別の各部門の上位3施設は【下記】の通り。県内からは1~10室部門で福島市土湯温泉のはるみや旅館が2位、51~100室部門で同市飯坂温泉のホテル聚楽が2位、301室以上部門で猪苗代町のホテルリステル猪苗代が3位に入った。
 リクルートライフスタイルは1位になった瀧の湯と新滝について「会津の食と文化を生かしたもてなしで人気を集めている」と評価している。

◆1~10室部門
(1)観山聴月(宮城県川崎町)
(2)はるみや旅館(福島市)
(3)旅館藤屋(山形県尾花沢市)
◆11~50室部門
(1)庄助の宿 瀧の湯(会津若松市)
(2)有馬館(山形県上山市)
(3)山水閣(岩手県花巻市)
◆51~100室部門
(1)くつろぎ宿 新滝(会津若松市)
(2)ホテル聚楽(福島市)
(3)緑水亭(仙台市)
◆101~300室部門
(1)ホテル瑞鳳(仙台市)
(2)愛隣館(岩手県花巻市)
(3)仙台ワシントンホテル(仙台市)
◆301室以上部門
(1)アパヴィラホテル仙台駅五橋(仙台市)
(2)リッチモンドホテル仙台(仙台市)
(3)ホテルリステル猪苗代(猪苗代町)

福島民報社

最終更新:6月22日(水)12時30分

福島民報