ここから本文です

世界最大規模の格闘ゲームトーナメント“EVO2016”パブリックビューイングがRed Bull Studios Tokyo Hallにて開催決定

ファミ通.com 6月22日(水)22時21分配信

●渋谷のRed Bull Studios Tokyo Hallにて開催
 格闘ゲームコミニティー“Button Mashers(ボタンマッシャーズ)”は、日本時間2016年7月15日~18日に開催される世界最大規模の格闘ゲームトーナメント“EVO2016”のパブリックビューイングを開催することを発表した。パブリックビューイングでは、EVO2016の配信をシアター中継するほか、参加者がゲーム機などを持ち込んで自由に遊べる“フリー遊戯スペース”が設けられる予定。

 以下、リリースより。

【パブリックビューリング概要】
■日時
1、7月15日(金)20:00-翌日12:00(EVOの中継が終わるまで実施)
2、7月16日(土)20:00-翌日12:00(EVOの中継が終わるまで実施)
3、7月17日(日)20:00-翌日12:00(EVOの中継が終わるまで実施)

■場所
Red Bull Studios Tokyo Hall (渋谷)

■参加費
それぞれ2,000円

■内容
・フリー遊戯スペースでは参加者からのゲーム機等の持ち込み、自由に遊んでいただけるのが最大の特徴です。(要:事前申請)

EVO配信をシアタールームでは中継視聴会を実施します。実況、解説等も準備予定ですが、ご協力いただける方がいましたら、ぜひご連絡お願いします。

■設置ゲーム機
ユーザによる持ち込み
PS4、WiiU、PC、モニター 等20台以上
他、及びアケコン設置

■その他
・エントリー不要でご参加いただけます。
・飲食物持ち込み自由。ゴミの持ち帰りにご協力お願いします。
・ゲーム機持ち込み自由(事前にご連絡ください)
ゲーム機をお持ち込みの場合、身内だけでなく全員に開放することを条件となります。
・持ち込みトーナメントなどの企画も可能です。事前にご相談下さい。
・施設施錠の都合上、途中参加の場合、毎時0分からの参加となります。詳細は追って連絡します。

最終更新:6月22日(水)22時21分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。