ここから本文です

韓国サッカー五輪代表、”ワイルドカード”は誰の手に… 最終メンバーは27日公開へ

WoW!Korea 6月22日(水)14時42分配信

シン・テヨン監督(45)と共にブラジル・リオデジャネイロの地を踏む18人の男子サッカー五輪代表チーム最終メンバーが、いよいよ27日公開となる。

シン・テヨンの紹介と写真

 大韓サッカー協会は来る27日午前10時、ソウル市内にある教保生命ビルディング・教保コンベンションホールにてリオ五輪に出場する最終メンバーを発表すると22日、明らかにした。シン・テヨン監督が自らエントリーリストを読み上げるとみられる。

 どのポジションにおいても、発表される最終メンバーは大衆の注目の的となっているが、中でも最大の関心は”ワイルドカード”。現在、韓国サッカーの希望でもあるソン・フンミン(23)が重要なカードを手にするのでは、と予想する声が多い。しかし、シン・テヨン監督はシュティーリケ号の守備ラインで絶対的信頼を寄せるチャン・ヒョンス(24)にもカードを託す可能性があり、最終的な結果はやはり、監督のみが知っている。

 一方、最終リストに名を連ねた代表選手は国内で召集された後、来る7月18日にブラジル・サンパウロに向けて出国する。現地で最終的な強化試合をおこなった翌日、大会の初戦が開催されるサルヴァドールへ移動。8月5日、フィジーを相手に本戦・初戦に挑む。

最終更新:6月22日(水)14時42分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。